NEW
中村芳平「よくわかる外食戦争」

感動的に美味いビールの店が開店!地獄の居酒屋業から、ついにあの大手チェーンが脱却

文=中村芳平/外食ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

ビールの美味しさを再確認する場

 今回コロワイドアサヒビールと連携して最高品質のビールとステーキ&デリカテッセンを扱う店舗を開店した意味は、決して小さくない。少子高齢化の進行、若者のビール離れなどで、ビール類市場及び居酒屋市場は長期低落を続け、縮小に歯止めがかからない。

 そんななか、アサヒはトップブランドのスーパードライのシェアを守り、再拡大を図るために氷点下2℃のスーパードライの飲めるエクストラコールドサーバーを開発。毎年技術を進化させ、固定ファンをつくってきた。

 今年は家庭用に氷点下ビールの飲める「エクストラコールドタンブラー」を開発、アサヒスーパードライに添付されているシール48枚をはがきに貼って応募すれば、もれなく当たるキャンペーンを行う。新年のアサヒのマーケティング戦略発表の記者会見に出席、冷凍庫で20時間以上冷やされた3層構造のステンレスタンブラーに6℃のビールを注いで60~90秒待ち、氷点下まで冷えたキレのよいビールを飲んだが、感動的なうまさだった。やはり、よく冷えたスーパードライはキレが増し、おいしさが一段と上がる。

 アサヒはビール減税に先駆けて、今年3月、7年ぶりの新ブランドとなる大型新商品「アサヒ ザ・ドリーム」を3月23日に発売する。主力ビールでありながら「糖質50%オフ」と健康志向を打ち出した。ビール復権の足がかりを得ようとしている。コロワイドMDと連携し新型ビアホール、THE DAD BODを展開するのも、ビール復権を願っているからだ。

 コロワイドMDが年内に同店の2店舗目の開店に踏み切るかどうか。今年の外食戦争の傾向と行方を占う意味でも、非常に興味深いのである。
(文=中村芳平/外食ジャーナリスト)

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事