NEW

「本当はこんな仕事やりたくない…」 希望の職種に就けなかった新社会人に贈る世渡り術

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これについて黒沢氏は、幸せに世渡りするコツとしては、「これがいい」ではなく、「これでいい」というものを探すべきだと説明する。

■自分が納得できる選択肢を増やす考え方

 その方法は、まず「一番やりたくないこと」を設定して、それ以外なら「これでいい」と認めるというシンプルなものだ。

 たとえば、夢が「ミュージシャンになること」なら、叶う可能性は低いだろう。しかし、「一番やりたくないこと」を「音楽と接しない毎日を過ごすのは嫌だ」と設定すれば、可能性はぐんと広がる。音楽に関するあらゆる仕事が選択肢になるし、そうでなくても時間に融通の聞く仕事を選んで、趣味として音楽を楽しむことだって考えられる。

 いずれにしても、叶わない夢を追い続けて苦しむより、「不幸ではない」日々を過ごすことはできるはずだ。

(新刊JP編集部)

関連記事

新社会人のための“ビジネスメールの基本”
「前の商談が長引いた」「腹痛のため」焦って慌てている新社会人に贈りたい8つの「遅刻の言い訳」
仕事のデキる人が「すみません」を使わない理由
身近な人の“攻撃”をかわすコツ

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

「本当はこんな仕事やりたくない…」 希望の職種に就けなかった新社会人に贈る世渡り術のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事