自動車メーカーの言いなりだったルネサスだが、独立系の日本電産の傘下に入れば価格交渉で主導権を奪われることにもなりかねない。何がなんでも日本電産による買収は阻止しなければならないわけだ。

 呉氏は「グローバルに事業を進める上で、特定の企業の傘下に入るのは好ましくない」と永守氏を牽制する。呉氏は、ルネサスが永守氏の手に落ちるのを防ぐために大型M&Aに踏み出した、との指摘もある。

 ルネサスの脱「半官半民」の道は遠い。
(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ