NEW

天下一品、無料で総菜&トッピング食べ放題の店舗が空前絶後のコスパだぞ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鶏ガラベースのこってりラーメンで知られる「天下一品」。昨年11月28日現在、国内に243店舗、ハワイ・ホノルルに1店舗を構えており、日本で最も有名なラーメンチェーン店のひとつだろう。

 とりわけ、毎年10月に開催される「天下一品祭り」の存在は、ラーメン好きの間ではすっかり定着しているのではないだろうか。“10月1日=天一の日”は、店舗でラーメンを注文するとラーメン(並)の1杯無料券を入手でき、筆者もここ数年は欠かさず足を運んでいる。

 そんな天下一品だが、実は店舗ごとにメニュー構成やサービス内容が違う。直営店とフランチャイズ店に分かれている関係だと思われるが、たとえば宮城県では株式会社こむらさきが仙台エリアの3店舗を管轄しており、他店舗では提供されていない「土鍋チーズラーメン」が食べられる。また、広島県にはゆで卵を無料サービスしている店舗も多いようだ。

 まるでポタージュのような濃厚スープは全店共通だが、その店舗ならではの個性を求め、全国の天下一品を巡ってみるのも一興なのだろう。

 筆者は今回、中部や関西エリアの一部店舗で、ラーメンと同時に総菜バイキングが無料で楽しめるとの情報をキャッチ。筆者は関東在住なのだが、このたび関西に出向く機会があったため、京都府の竹田店(京都市伏見区)を訪ねてみることにした。



総菜バイキングのほか、メニューにもフランチャイズ店独自の工夫が


 京都駅から地下鉄烏丸線に乗り、くいな橋駅で下車。雨空の下、1番出口を抜けて府道201号線沿いを歩くと、4分ほどで店に到着した。18台分もの駐車スペースが用意されており、広々とした外観である。筆者にとっての天下一品は東京の新宿や渋谷など、繁華街の一角に出店しているイメージが強く、やや新鮮な心持ちで玄関をくぐった。

 土曜の昼だったとはいえ、開店から間もない時刻だったためか客足はまばら。9脚のイスが並ぶカウンター席の先客はわずか1名で、テーブル席も空きが目立つ状態。筆者は単身だったので、カウンター席の端に案内される。このとき、本日のお目当てである総菜バイキングコーナーが、通路を挟んだ壁際に設置されているのを確認できた。

天下一品、無料で総菜&トッピング食べ放題の店舗が空前絶後のコスパだぞ!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ラーメンチェーン店天下一品総菜バイキングの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事