NEW
北條元治「自分の家族を守るための医療の話」

健康な子宮や卵巣を不必要な手術で切除横行…医師免許持たない理事長の産婦人科病院で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 日本大学アメリカンフットボール部で起こった不祥事の報道を見ていると、大学トップの理事長である田中英寿氏に関するものも多く見受けられる。理事長としての責任は回避できないという論調がほとんどである。私もそれにはまったく同感なのだが、そもそも理事長の責任論としてではなく、もっと根源的な問題、つまり日本大学の理事長職に田中氏が君臨していること、それ自体に問題があるのではないかと考えてしまう。歯に衣を着せずに言ってしまえば、学問を知らない田中氏が、大学という学問のトップに座っていることに対する根源的な違和感だ。

 確かに大学スポーツは、日大のアイデンティティの一部を形成し、かつ社会的にも重要な地位を得ているが、原理原則からいえば、大学はスポーツの最高権威ではない。学問を究める組織には、学問を究めた人がトップに立つべきであり、スポーツを究めた人のみがスポーツを究める組織のトップに立つべきだ。

富士見産婦人科病院事件


 医療法人のトップである理事長にも医師しか就任できない。

 かつて、医療法人の理事長には医師でなくとも就任できる時代があった。むしろ経営のイロハも知らない世間的に無知な医師が病院経営を行うよりも、経営のプロが医療法人を経営したほうがうまくいくという論調もあったくらいだ。

 しかし、医師ではない者が病院のトップに座っていることに起因した医療事件が起こった。この医療事件とは、昭和55年(1980年)に発覚し、のちに「乱診乱療」と呼ばれることになった富士見産婦人科病院事件である。健康な子宮や卵巣を不必要な手術により切除されてしまったとして、元患者である女性ら63人が民事訴訟を起こした。結局、この民事訴訟は最高裁判所までいき、医師側に約5億円の支払いを求めるかたちで結審した。しかし刑事罰が医師側に科されたかというと、そうではなく、6名の医師は全員が起訴猶予となるという非常に不思議な事件であった。

 事件当時、富士見産婦人科病院の医療法人の理事長は医師である病院長の夫であったが、彼は医師ではなかった。理事は病院長やほかの医師だったが、理事長は病院長の上に君臨していた。通常、患者と病院の利害は完全に一致する。患者は病気を治してもらうという医学的利益を享受する。病院はその治療行為の対価を手にする。一見ここには利益相反はないように見える。しかし、事はそう単純ではない。病院の利益、つまり治療行為そのものが患者の不利益になるような、いわば利益相反関係だってあり得る。建前上、病院経営は利潤を追求してはならないことにはなっているが、利潤を出さなければ病院は倒産もするし、リストラもしなければならない。治療症例を一定数以上確保しなければならない。しかし、患者は治療により受ける不利益よりも利益のほうが大きい場合だけ治療が行われることになる。ここに利益相反の根が隠されている。

健康な子宮や卵巣を不必要な手術で切除横行…医師免許持たない理事長の産婦人科病院でのページです。ビジネスジャーナルは、連載、医療事件富士見産婦人科病院事件日大アメフト問題の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事