NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

サマータイムは命を縮める、海外で研究多数…推進する安倍政権と森喜朗氏の愚行

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 本年1月、フィンランド政府は、EUの加盟各国に対し「Daylight Saving Time(DST: 日光を慈しむ時間)」の廃止を提案するとの声明を出しました【注1】。理由は、疲労、うつ病、心臓病など健康被害の原因となっていることがわかったからです。国内では報じられなかったこのニュースは、今、われわれ日本人にとって重大な意味を持つことになりました。

 DSTとは、話題のサマータイムのことです。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、「酷暑対策として夏の間、標準時を2時間繰り上げるサマータイムの導入」を政府に要請したからです。これを受けて与党は、秋の臨時国会で議員立法での成立を目指すとも報じられています。

 サマータイムには1918年、戦時下の米国で戦争を遂行するために国民のエネルギー消費を制限する手段として導入された、という暗い歴史があります。米国では1966年に改めて制定された法律のもと、現在も多くの州でサマータイムが導入されていて、3月の第2日曜日の深夜2時に時計を1時間進め、11月の第1日曜日に元に戻すという操作が行われています。目的はいろいろあり、子供たちが公園で遊ぶ時間を増やし日光を慈しんでほしいとの願いも込められていました。

 しかしサマータイムは、「日光を慈しむ」どころか、むしろ健康に重大な被害をもたらすことが多くの研究で明らかにされつつあるのです。まず、もっとも被害を受けるのは、慈しみを受けるべき青少年だったという話から紹介しましょう。

 米国で高校生だけを対象に、サマータイムが睡眠に与える影響を調べる研究が行われました【注2】。分析の結果、サマータイムが導入された直後の1週間、睡眠時間が1日平均で32分少なくなり、また注意力を測定する検査を受けてもらったところ、明らかに集中力も低下してしまっていたそうです。

 成人病が気になる中年以上の人たちの場合、影響はもっと深刻です。サマータイムと病気、特に重大な心筋梗塞との関係を調べた研究が世界中で多数行われていて、1000人以上の患者を対象にした大規模な調査の結果を報じた論文も5編ほどあります。それらの結論はほぼ一致していて、サマータイムに切り替わったあとの3日間が特にリスクが高く、心筋梗塞の発病が、そうでない週に比べて16~29パーセントも多くなっていました【注3】。

 ドイツで行われた調査では、サマータイムと心筋梗塞との関係は必ずしも明確ではなかったものの、すでに心筋梗塞を経験している人、あるいは血圧の薬を服用している人では、やはり明らかな因果関係が認められたそうです【注4】。

サマータイムは命を縮める、海外で研究多数…推進する安倍政権と森喜朗氏の愚行のページです。ビジネスジャーナルは、連載、サマータイム心筋梗塞東京オリンピックの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事