NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

小泉進次郎が投票直前に石破茂支持を表明した理由…斎藤農水相に辞任圧力かけた自民議員

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長(写真:日刊現代/アフロ)
 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。


 9月20日、自民党総裁選挙の投開票が行われました。予想通りというか予定通りというか、安倍晋三首相が石破茂議員を破って連続3選を果たしました。

 以前も書かせていただきましたが、安倍首相の勝利は既定路線だったため永田町の関心は薄く、話題といえば「安倍首相がどれだけ石破議員を引き離すか」ぐらいで、なかには「もう石破さんが浮上してこられないくらい叩きのめす」と「石破憎し」の感情を隠さない国会議員が何人もいました。最終的には、安倍首相553票、石破議員254票でしたが、石破議員に好意的な報道もあったため、今後は石破支持派への締め付けはますます厳しくなるでしょう。

 実際、石破支持を表明していた斎藤健農林水産大臣が「石破を支持するなら大臣を辞任しろ」と言われたことを明かしています。報道によると、「安倍応援団のひとり」から「斎藤よ、内閣にいるんだろ。石破さんを応援するんだったら辞表を書いてからやれ」という圧力があったそうですが、斎藤大臣は「党内に蔓延している、そういう空気を打破したい」そうです。

 もちろん、誰に言われたかまでは明らかにしていません。安倍首相は「誰に言われたのかを言って」ととぼけていましたが、普通は言わないでしょう。ただ、議員秘書たちにとっては意外でもなんでもありませんでした。

「あー、M元大臣だよね、きっと。言いそうだよね」

「H議員だって、うちのボスに似たようなこと言ってきたよ。参議院議員は品がいいと思ってたんだけどね」

 と、複数のお名前が挙がっていました。石破支持派にこれからどのような制裁が待ち受けているのか……国会女子たちは生温かく見守っております。

“風”が吹き続けなかった石破議員


 今回の総裁選は、石破議員が安倍首相を批判したことで、これまでにないほど注目されました。これは、やはりネットメディアの影響が強いのだと思います。結果も、当初は「安倍圧勝」といわれていましたが、事前の予測よりも石破議員が票を伸ばしました。

「まともなことを言っているのは石破さん。なのに、なぜ『安倍さんが勝つ』と言われているの?」

 事務所に、こんな電話がかかってくることもありました。日ごろ政治家と直に接する機会のない方たちから、石破さんを支持する声を聞いたように思います。「庶民感覚を持っていて、私たちの気持ちを理解してくれるのが石破さんだと感じた」という意見も多かったです。

 しかし、圧倒的に一般の方々から支持を受けた石破議員の地方票(国会議員以外の自民党員・党友の票)は181票で、安倍首相の224票を下回ってしまいました。

 石破支持の声は総裁選の投票権のない人から多かったのですが、「地方票では安倍首相に勝てる」という見方もありました。安倍応援団は党員の引き締め作業を徹底したのでしょうが、目標の最低ラインをやっとクリアした程度の得票数だったため、もっと大差をつけたかったのが本音でしょう。

 国会議員票の安倍首相329票、石破議員73票というのも微妙でしたね。実は、「石破議員にもう少し流れる」という見方もあったのです。

 石破議員への“風”が続かなかったのは、なぜなのでしょうか。結局、2人の政策の違いが「憲法改正」しかなかったことが大きな要因でしょう。討論を見ても、改憲以外は現政権の政策を支持するような内容になってしまっていました。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』

あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。

amazon_associate_logo.jpg

小泉進次郎が投票直前に石破茂支持を表明した理由…斎藤農水相に辞任圧力かけた自民議員のページです。ビジネスジャーナルは、連載、安倍晋三小泉進次郎石破茂自民党自民党総裁選挙の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事