NEW

3千年前の古代エジプト、驚異的に医療が発達していた…パピルス文書解読で判明

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

翻訳が進むパピルス文書


 その存在は知られていても、内容の解読が待たれる古文書は数多く存在する。例えば、デンマークのコペンハーゲン大学には80年におよんでコレクションされている古代エジプトのパピルス文書があるが、その大部分はまだ翻訳されていない。それらに何が記されているのか、日々少しずつ明らかとなってきている。

 現在、研究チームが翻訳に取り組んでいるパピルスは、およそ3500年前のもので、当時の医学、植物学、天文学、占星術や科学に関することが記されているという。当時の科学は占星術と深く結びついていて、同大学のカールスバーグ・パピルス・コレクションの長で、エジプト学者のキム・ティーホルト博士は、「現在では、占星術は疑似科学とみなされていますが、当時はまさに科学の中心的存在で、未来を予測する重要なツールでした」と述べている。例えば、国王が戦争に出る日を決める際には、天体が特別な配置になるような縁起の悪い日を避けることに役立ったという。

 だが、翻訳中のパピルスに多く記されているのは医療に関することで、科学的なものである。古代エジプトの医学には目を見張るものがあり、例えば、紀元前3000年頃には口腔内の外科手術が始まっている。虫歯を削ったり抜歯を行うなどの治療法が詳細に記されたパピルスも存在する。

 また、当時のエジプト人は口腔内の衛生を気遣っており、紀元前3500年頃から歯ブラシが使用されていた。歯磨き粉も利用されていて、原料は乾燥させたアイリスの花、塩、コショウ、ミントであった。興味深いことに、近年、研究者らはアイリスが歯周病対策に有効な薬になり得ることを発見している。

 さらに、紀元前1500年頃のパピルスによると、古代エジプト人は植物性及び動物性の脂肪にアルカリ塩を加えて石鹸のようなものをつくっていた。それは、洗浄だけでなく、皮膚病の治療に利用されていた。

古代エジプトのユニークな医療


 さて、コペンハーゲン大学にコレクションされているパピルス文書においても、最近、発見があった。その一つは、古代エジプト人は腎臓の存在を認識していたことである。これまで古代エジプト人には腎臓の存在は知られていなかったとみなす研究者も珍しくなかったため、この発見は研究者らに見直しを迫るものとなった。

 現代人からすると、信じがたい治療薬も記されていた。

3千年前の古代エジプト、驚異的に医療が発達していた…パピルス文書解読で判明のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、エジプトパピルス医療の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事