NEW

べビー用 紙おむつと生理用ナプキンを日本に普及させた男…ユニ・チャーム創業者の壮絶経営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ユニ・チャーム HP」より

 ユニ・チャームの創業者、高原慶一朗氏は10月3日、老衰のため東京都内で死去した。87歳だった。葬儀は近親者で営まれた。喪主は長男で同社社長の豪久氏。

 高原氏は1931年3月、愛媛県川之江市(現四国中央市)で生まれた。父親は国光製紙という製紙会社の経営者。人格形成に大きな影響を与えたのは母親だった。小学生の時、「優等賞をもらったよ。三番だったよ!」と勇んで告げると、「一番じゃないとダメじゃないの」と叱った。イジメに遭って泣いて帰ると「『後(のち)にはみとれ』と言い返しなさい」と叱咤した。高原氏は、独立したときも、逆境に陥ったときも、「後にはみとれ」という言葉を思い出しては、自ら鼓舞した。

 高原氏は日本経済新聞に連載した『私の履歴書』(2010年3月)で、原点に母親の存在があると書いた。

 大阪市立大学では、のちに作家となる開高健氏と文学仲間だった。「仲間の自宅で紅茶を飲みながら文学論や人生論を戦わせたが、実態は開高の独壇場だった。こっちが青臭いことを言おうものなら、軽く論破された」と明かしている。独立するのが目標だった。大学卒業後、会社の全体が見える場所で製造、販売、マネジメントとさまざまの経験をするため、中堅紙業会社2社で働いた。

 1961年2月、29歳で郷里・川之江市に資本金300万円で防火建材の製造・販売会社、大成化工を設立した。「大きな成長と成功」への期待を社名に込めた。

 日本ではスーパーマーケットの登場はまだこれからという62年、日本生産性本部の中小企業新製品開発専門視察団に参加して渡米した高原氏は、初めて見た大型スーパーの光景に仰天した。広く明るい店内に、あらゆる商品が山積みされていた。

 高原氏が特に注目したのは、生理用ナプキンである。女性客が洗剤でも買うように、生理用ナプキンをカートに放り込んでいた。日本でも市場に登場していたが、女性たちが薬局で人目をはばかりながら買う“日陰の商品”だった。

 高原氏は「俺がやるべき事業はこれだ!」とひらめいた。米国からサンプルをしこたま買い込んで帰国した高原氏は、生理用品の開発に着手した。

 日本における生理用ナプキンの先駆者はアンネだ。アンネはいち早く全国の問屋を押さえ、薬局でナプキンの販売網を構築した。62年にアンネは水に流せる脱脂綿を用いたナプキン「パンネット」を発売。「若い活動的なあなたでも月に一度は経験するわずらわしさ。その日は“アンネの日”とお決めになったらいかがですか」という新聞の全面広告を出した。アンネはナプキンの代名詞となった。

べビー用 紙おむつと生理用ナプキンを日本に普及させた男…ユニ・チャーム創業者の壮絶経営のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、パンパースプロクター・アンド・ギャンブルムーニーユニ・チャームの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事