NEW

「トヨタとプリウスは低迷」は的外れだ、今こそスズキに学ぶべきだ…世界3~5位になる日

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタの4代目プリウス(「Wikipedia」より/Turbo-myu-z)

 トヨタ自動車の主力車種である「プリウス」の現行モデル(4代目)が2015年12月に発売されてから、そろそろ約3年の月日が経とうとしている。日本自動車販売協会連合会が発表している8月の「乗用車ブランド通称名別順位」で、プリウスは7471台を売り上げており、4位にランクインした。

 1位は日産の「ノート」に譲ったが、2位から5位までは「アクア」「カローラ」「ヴィッツ」、そしてプリウスというトヨタ車が独占。国内の自動車業界において、トヨタが不動の地位を確立していることがわかるだろう。

 しかし2017年以降、プリウスの売上は、前年比を割り続けている。2009年5月の発売から20カ月ものあいだ、前述のランキングで首位の座を譲ることはなかった3代目プリウスに比べると、その成績は物足りないのではないだろうか。

 1997年に初代プリウスが登場した際、世界初の量産型ハイブリッドカーということで脚光を浴びたのも、今は昔の話。現代ではハイブリッドカー、ならびにエコカーは多様化してきており、それこそ8月にトヨタ車から首位を奪い返した日産のノートには「e-POWER」という電気自動車技術が採用されている。もはやトヨタ車だけが先進的という状況ではなく、こうしたプリウスの低迷を、“トヨタ凋落の始まり”と見なす向きもあるのだ。

 さらにいえば、プリウスはアメリカでの売上も芳しくない。アメリカのエコカー市場では、テスラの電気自動車「モデルS」などが存在感を示すなか、プリウスの昨年の販売台数は10万8661台だった。13万6632台を売り上げた2016年から20.5%減という、厳しい結果に終わっている。

 トヨタの勢いはこのまま衰え、“王者”から陥落するのだろうか。国内外の自動車事情に詳しいモータージャーナリストの伊達軍曹氏に、プリウス低迷の真相、そしてトヨタの未来を占ってもらった。

プリウス低迷は杞憂も、デザイン性に改善の余地あり


「私からすると、ここ最近のプリウスの売上とトヨタの低迷を結びつけることには疑問があります。当該のランキングですと、プリウスは今年の上半期、6カ月連続でベスト3にランクインしていました。最も販売台数が多かったのは3月の1万5688台で、一番少なかった4月でも8382台を売り上げており、上半期の月間平均販売台数は約1万670台となります。

「トヨタとプリウスは低迷」は的外れだ、今こそスズキに学ぶべきだ…世界3~5位になる日のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、スズキトヨタ自動車プリウスの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事