NEW

日本企業、時間の7割を社内向け業務に浪費…3カ月で50%生産性が向上した企業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この組織はトップダウンのノルマによる管理統制が中心で、業績不振が続き、トップはますます営業部門への管理を強めようとしている、極めて“日本的”な会社だった。社内はますますトップへの忖度と調整に注力するようになる。本来は顧客価値を生むべき時間を社内調整に向けられているのだ。

「そこで、私はCの顧客価値を増やす組織風土改革を提案しました。個々人が主体的に考え行動する組織『自律分散組織』への組織改革とともに、営業担当者の意識改革に力点を置きました。その結果として、3カ月で付加価値率が25%から37%へと12ポイントも上昇しました。総人員約700人の約20%、140人もの人員を動かして新規事業に取り組むことができたのです」

 最近の数十組織の実績は、中央値で23%の生産性向上を、大きいところで50%以上の生産性向上を約3カ月で実現しているという。継続して取り組み、10年間で生産性が10倍以上になっている企業も出てきているのだ。

すぐにできる!生産性向上の改革法

 そこで入江氏に、すぐにでもできる生産性向上の改革法を教えてもらった。

「ムダなP(準備)の代表的な例は、社内の情報共有のための会議資料の作成準備です。これまでの私たちの経験では、会議は(1)組織のメンバーの信頼関係をつくることを目的としたチームビルディングの会議、(2)報告や情報の共有をするための会議、(3)意思決定のための会議に分類できます。

(1)は会議ではなく、会社が主催する社員イベントなどの活動でメンバー相互の理解を深めるほうが有効です。(2)はITツールを使い必要なときに展開することが有効です。顧客価値や事業価値を生む会議は(3)のみです。これらは、そもそもその会議が顧客価値を生むかどうかを自ら考え、もし生まなければ、会議そのものを廃止すべきなのです」

 顧客価値を優先させるための詳しい改革の手法は、11月に上梓した『「すぐ決まる組織」のつくり方――OODAマネジメント』(入江仁之、フォレスト出版)において明らかにされている。まずは目の前の会議の見直しから始めてみたい。
(文=編集部)

日本企業、時間の7割を社内向け業務に浪費…3カ月で50%生産性が向上した企業のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事