NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

後藤田正純議員に不倫&結婚詐欺疑惑、選挙区で絶大な支持を得る妻・水野真紀を裏切りか

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自民党の後藤田正純衆議院議員(写真:毎日新聞社/アフロ)
 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。


 あっという間に11月も半ばですね。12月10日に閉会予定の臨時国会も論争が本格化してきました。ただ、もともと「延長ありき」としか思えない日程の組み方なので、永田町の住人たちは最初から「どうせ延長でしょ」と言っていました。通常、国会は土曜日を閉会日にするのですが、10日は月曜日。この段階で、「延長する気だね」と言われても仕方ないのです。

 11月7日に補正予算が成立し、続いて各委員会での大臣所信、それに対する一般質疑が始まりました。その後は、付託された法律案の審議入りとなりますが、問題はやはり、片山さつき内閣府特命担当大臣と桜田義孝大臣(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当)です。

「なんとか、答弁は副大臣や政務官または政府参考人で対応させてもらえませんか?」

 どの議員も、両大臣への質疑通告をすると、職員からこうお願いされるそうです。マスコミ各社からも、質問内容について頻繁に問い合わせがあるといいます。これは、まじめに両大臣へ質問したい議員にとっては非常に迷惑です。会期中はただでさえ忙しいので、マスコミ対応などしていられないのが実情です。一部の目立ちたい議員にとってはうれしいかもしれませんが、大半の議員は忙しくてそれどころではありません。

 記者さんたちには、審議の足を引っ張らないように苦言を呈したいところです。たとえば、相手の名前を間違えるのは確かに失礼ですが、桜田大臣が「蓮舫」を「れんぽう」と呼んだ一件に関しても、記事にするほどの出来事ではないと思います。

 まぁ、国民民主党の大島九州男議員のように、予算委員会で桜田大臣に「韓国で犬肉を食べましたか?」などと質問して失笑を買う議員もいるので、おもしろがられてしまうのも仕方ないのかもしれません。

与党内でも微妙な立場の片山&桜田大臣


 もっとも、片山・桜田両大臣が国会内で微妙な存在なのも、また事実です。特に、桜田大臣は悪い意味で“注目度”が高いです。

「次は、桜田オリパラ大臣におうかがいします」

 委員会中にこう言われると、与党側の議員席がざわついてしまうのです。

「おい、大丈夫か?」

 顔を見合わせてニヤリとする議員たちも少なくありません。野党ならともかく、与党の議員がこんな態度になることはまずありません。一方で、委員会中に桜田議員のフォローをしている担当省庁の職員の所作は、議員秘書の間でもとても評判がいいです。

 忍者のように気配をなくし、タイミングよく適切な書類をサッと横に出し、周囲に迷惑にならない程度の声で耳打ちし、腰をかがめて素早く動き回っています。「あの動きは見習わないと」とみんなで話しています。

 しかし、片山大臣の周囲には、そうした優秀な職員はついていないように見えます。「自分だけが正しいと思っているから、優秀な人材はあえてそばに置かないんだろうね」というのが秘書たちの見方です。実際のところはわかりませんが、片山大臣のそばでは、優秀な人ほど遠慮してしまって仕事のやりがいを感じられない気がします。

 片山大臣については、「よくこんなに見つかるな」と思うくらい、政治資金収支報告書の記載ミスが明らかになっています。だいぶ前ですが、小沢一郎議員の政治資金収支報告書の問題に関しては逮捕者も出ていますから、そのような事件に発展しないことを願うばかりです。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』

あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。

amazon_associate_logo.jpg

後藤田正純議員に不倫&結婚詐欺疑惑、選挙区で絶大な支持を得る妻・水野真紀を裏切りかのページです。ビジネスジャーナルは、連載、不倫国会議員後藤田正純水野真紀秘書結婚詐欺の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!