NEW

落雷の直撃受け「特殊能力」を持つ人が続出…強烈な電気的刺激で潜在能力呼び覚ましか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

落雷体験で人生を好転させた人もいる?

 我々は雷を恐れる。かつて「地震・雷・火事・おやじ」という言葉が使われたように、雷は地震に次いで恐ろしいものといえるのかもしれない。雷は、予測不能な自然現象であり、稲光に雷鳴を伴い、落ちると甚大な被害をもたらす。気配は感じられるものの、どこに落ちるかわからず、人々に不安を煽りがちである。

 落雷は火事をもたらすことが多いが、工場のように、落ち所が悪ければ、大規模な爆発事故をも生み出す。そして、人命も奪う。落雷時、電圧にして最大1億ボルトに及ぶ電気が一瞬で流れることを考えれば、深刻な事態に陥ることは想像にかたくない。日本では落雷を受けた人の70%ほどが命を落とすともいわれるが、例えば、アメリカでは逆に70~90%は生き延びているという。

 もちろん、生き延びた人がまったく無傷だったというケースは例外的で、体験者の多くに火傷のほか、記憶障害や脊髄損傷などの後遺症が残るといわれる。また、意外にも精神的なトラウマは大きく、高い確率で鬱が発症し、自殺者を多く生み出している。

「地震・雷・火事・おやじ」のなかで、もはや「おやじ」など怖くなく、「雷」もそれほど怖くないと感じる人もいるだろう。だが、雷に関しては、落雷の矛先が見えないだけでなく、あと作用として見えない側面が深刻化する可能性も考えれば、とても恐ろしい現象であることがわかるのではなかろうか。

 とはいえ、落雷を受けたことが生存者の人生を好転させたケースもある。フロリダ州セブリングのベティー・ガルバノさんは、ゴルフ選手だった故フィル・ガルバノ氏の妻で、かつてファッションモデルを務めていた。そんなベティーさんは1993年、防波堤から落下して右足を骨折した。手術が施され、長さ35センチもの金属棒が足に埋め込まれた。以来、歩くことはできたものの、痛みを伴い、ジャンプはおろか、足を持ち上げることも、片足で立つこともできず、足を引きずって歩かねばならなくなった。まるで自分の足は常にサンドバッグのようだったという。

 それが一変する出来事が起こった。1994年6月11日の午後、ベティーさんが息子の家のキッチンでブロッコリーを切っていた時だった。とてつもなく激しい雷鳴が聞こえた。次の瞬間、開いていた窓から稲妻が入り込み、手にしていたナイフとブロッコリーは吹き飛び、彼女はカウンターに崩れ落ちた。その時、1.2メートル離れた場所で座っていた夫は倒れた彼女をすぐにカウチに寝かせた。

落雷の直撃受け「特殊能力」を持つ人が続出…強烈な電気的刺激で潜在能力呼び覚ましかのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事