NEW

4~5月の天皇退位・新天皇即位、極めて興味深い儀式の全貌…前近代より大きく変化

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武蔵野陵を参拝し退位報告を行う天皇陛下(写真:AFP/アフロ)

 間近に迫った天皇退位と新天皇即位において、4月30日に「退位礼正殿の儀」、5月1日に「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」がそれぞれ行われる。市井の人々にはなじみが薄い皇室儀礼だが、注目される数少ない機会でもあるため、その意義や内容などをあらためて認識しておきたい。

 宮内庁発表の今上天皇の退位に伴う皇室儀礼の予定は、以下の通りである。諸儀式を分類すれば、(1)宮中での奉告1、(2)神宮等への勅使派遣、(3)神宮等への親謁、(4)宮中での奉告2、の4つとなる。これらはおおむね即位の際と対応しているものであり、平成2年(1990年)には即位の奉告のために同様の儀式が実施された。ただし、即位においては即位後にこれらの儀礼が行われるのに対し、退位においては儀式後に退位が行われる点で異なる。

(1)宮中での奉告1
平成31年(2019年)
3/12 賢所に退位及びその期日奉告の儀
    皇霊殿神殿に退位及びその期日奉告の儀

(2)神宮等への勅使派遣
平成31年(2019年)
3/12 神宮神武天皇山陵及び昭和天皇以前四代の天皇山陵に勅使発遣の儀
3/15 神宮に奉幣の儀
    神武天皇山陵及び昭和天皇以前四代の天皇山陵に奉幣の儀

(3)神宮等への親謁
平成31年(2019年)
3/26 神武天皇山陵に親謁の儀
4/18 神宮に親謁の儀
4/23 昭和天皇山陵に親謁の儀

(4)宮中での奉告2
平成31年(2019年)
4/30 退位礼当日賢所大前の儀
    退位礼当日皇霊殿神殿に奉告の儀
    退位礼正殿の儀(退位の礼)

 儀式全体の骨子となるのは「皇祖皇宗」への「奉告」、すなわち天皇の始祖たる天照大神と当代に至るまでの歴代の天皇の霊への報告にほかならない。およそ1カ月をかけて、これがなされるのである。すでに3月、宮中においては「賢所」および「皇霊殿」において退位期日の奉告がなされた。賢所は三種の神器のひとつである八咫鏡を祀る場所であり、この鏡は天照大神の霊魂の代わりとされている。また、皇霊殿は歴代天皇・皇后などの霊を祀る場所であり、すなわちここでは今上天皇自ら、皇祖皇宗に退位期日を奉告したということになる。

 一方、奈良県橿原市にある「神武天皇陵」や東京都八王子市にある「武蔵陵墓地」、また天照大神を祀る伊勢神宮へ天皇の使いである「勅使」が派遣される。衣冠束帯に身を包んだ勅使が、天皇の代理として供物である「幣帛」を奉納するのである。俗な言い方をすれば勅使による代参にほかならないが、この後には「親謁」、すなわち天皇自らによる参拝が行われた。

 ここまで見てきて思うのは、一見古式ゆかしいように見えて、実は近代以降、いわゆる「国家神道」の構築のなかで整備された儀式という感が強いということである。たとえば、祖霊に報告するというのであれば皇室の菩提寺であるところの泉涌寺への参拝、あるいは勅使派遣ぐらいはあっても良さそうなものである。

光格天皇の譲位を追う

 それでは、前近代において退位はどのように行われたのであろうか。直近の事例として、光格天皇の場合を見てみたい。同天皇は幕末期の天皇として有名な孝明天皇の祖父に当たる人物で、博学多才にして詩歌にも優れたが、一方で朝権回復にも注力し、近代天皇制への道を開いた人物とされている。文化14年(1817年)に仁孝天皇に譲位し、上皇となった。この前後の動きを『光格天皇実録』に基づいて追っていこう。なお、年月日はすべて旧暦となる。

4~5月の天皇退位・新天皇即位、極めて興味深い儀式の全貌…前近代より大きく変化のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事