NEW
舘内端「クルマの危機と未来」

物流業界、エンジン車からEVへ移行本格化…絶大なコスト削減&人手不足解消の効果

文=舘内端/自動車評論家

 MEBでは、FFばかりか容易にAWDの展開も可能だ。後輪を駆動する1個か2個のモーターを取り付けるだけでよく、エンジン車のAWDに必要なプロペラシャフトが不要だからである。さらに、モーターはインバーターのプログラムの変更で出力、トルクを容易に変えられる。AセグメントからDセグメント、さらに個数を1台から4台へと増やすことで大型SUVにも同じモーターを使える。うまく設計すれば、動力系は1種類のモーター、インバーターですみ、開発費の大幅な軽減が可能となる。

 こうしたEVの特長を使うと、低費用でさまざまな商用車の開発、展開が可能になる。参入障壁が低いEVは、業務車両の開発・生産にも革命を起こすのは必定だ。

疲労が少なく運転が容易なEVトラック

 EVは運転の疲労が少ないことはよく知られている。騒音、振動が少ないことに合わせて、変速が不要で、トルクが大きいので発進、加速でもたもたせず、軽快だからである。しかも、BMWのi3に始まり、リーフ、e-Golfはアクセルペダル一つで加速、減速、場合によっては停止も可能である。もちろん、EVトラックも同様だ。

 このEVの特性は、トラックでは長距離を運転するベテランドライバーの疲労を軽減するばかりか、運転に不慣れな女性を含めた新人ドライバーの物流業界への参入を容易にする。特に街中の配達では頻繁に繰り返さなければならない変速操作が不要という特徴は、大きなメリットである。運転の疲労が少ないことは、事故の削減にもつながる。これもまた業者の経費削減効果が大きい。

EVに替えると燃料代が激減

 全バス・トラックの電動化を目指す三菱ふそうトラック・バス (MFTBC)は、すでにEVトラックのeCanterをヤマト運輸、セブン-イレブンに納入、国内で38台販売し、19年中に50台に増やす計画である。

 eCanterは、1万キロメートル走行当たりの経費を1000ユーロ(およそ12万3000円)削減できることを売り物にヨーロッパに進出している。年間10万キロメートル走るとすれば、1万ユーロ(123万円)の経費削減だ。

 燃料代はどうだろうか。エンジン(ディーゼル)車のCanterの燃費は市街地でおよそリッター8キロメートルである。年間10万キロメートル走ると燃料代は155万円となる。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合