NEW
オタクドクター“Dr.Chem”の「医療ニュース、オタク斬り!」

ゲームで医者の手術が上手くなる? WHOと仮面ライダーがともに「ゲーム病」を問題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 はじめまして。Dr.Chemと申します。

 普段はしがない病院勤務の身でありますが、その一方、幼少期よりマンガ、アニメ、ゲーム、特撮とさまざまなオタク文化にどっぷりとつかって過ごしてきた、言い逃れの余地なきヲタでございます。特にこだわりなく、その時々のはやりモノに節操なく飛びついておりますが、それぞれ素晴らしい作品を世に送り出してくれるクリエイターのみなさま方に感謝しつつ、作品を楽しみながら、医師としての日々の仕事に立ち向かう心の糧とさせていただいております。

 というわけでこのコーナーでは、仕事として専門にしている医療の知識でもって、普段楽しんでいる作品をちょっと違った視点で見てみよう、と思っています。

 さて、新元号「令和」への改元のお祭り騒ぎも落ち着いてまいりましたこの5月末、こんなニュースが飛び込んできました。

『ゲーム依存症は病気、WHOが認定 要治療の精神疾患に』
(2019年5月26日配信、朝日新聞の記事より)

 これは、この5月25日、世界保健機関(WHO)による「国際疾病分類」(ICD)の最新改訂版(ICD-11)にて疾患として定義されていた「ゲーム依存症」またの名を「ゲーム病」がこのたび、WHOの総会にて正式に採択されたというもの。実際の施行は2022年1月だそうです。

 実は、すでに昨年2018年6月の時点でこの「ゲーム依存症」がICD-11の分類に載ること自体は発表されており、それを踏まえて今年1月には、日本国内におけるこの疾患の実態調査に厚生労働省が乗り出すこともリリースされ、一部では話題となっておりました。

 この「ゲーム病」、英語では「Gaming disorder」と表記され、「物質使用症(障害)群または嗜癖行動症(障害)群」及び「衝動制御症群」と同じカテゴリーに属しています。同じカテゴリーに含まれているのは「ギャンブル症(障害)」。要するに、ゲームにハマり過ぎて生活に支障をきたす状態をひとつの病気、病態として定義したものなわけです。

WHO “gaming disorder” サイト(英語)はこちら

 しかし、オタクとして、「ゲーム病」という単語を目にすると、真っ先に想起してしまうものがございます。「平成仮面ライダー」シリーズの第18作目として平成28年(2016年)~平成29年(2017年)にかけて放映されていた、『仮面ライダーエグゼイド』です。

ゲームで医者の手術が上手くなる? WHOと仮面ライダーがともに「ゲーム病」を問題にのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ゲーム依存症世界保健機関仮面ライダーエグゼイド平成仮面ライダーの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事