NEW

高齢者、健康の後悔1位は「歯」…歯周病で全身の内臓疾患、命を脅かす、物も食べられず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 

 何かとストレスが多い現代人。憂さ晴らしにネオン街に繰り出し、しこたま酔っぱらって帰宅すれば、歯磨きもせずにそのままバタンキューという人も多いのではないだろうか。しかし、このような悪習は歯や全身までも蝕んでいくのだ。

歯周病が悪化すると、インプラントさえ抜けてしまう

「夜に歯磨きをしない人は、1兆個くらいの口腔内細菌がいるといわれています」と、全国保険医団体連合会副会長を務める森元主税歯科医師は語る。歯周病菌や虫歯菌を含む口腔内細菌は“嫌気性菌”といって、空気を嫌う。夜寝ているとき、人は口を閉じている。空気が入ってこないため、菌にとっては格好の棲み処になるのだ。

「人間も含めて、すべての生き物は食べて排泄する。菌も同じです。ウンチが臭いのと同じように、口腔内細菌も臭い毒素を出すのです」

 これが、口臭の主な原因となる。

「夜寝ているうちに、一番空気が少ない歯周ポケット(歯と歯茎の間)に生息するのです。歯磨きを怠っているとだんだん浸食して、歯を支えている骨(歯槽骨)が減っていく。そして、最後には歯が抜けてしまうのです」

 そこで、後悔しても後の祭り。歯を失う原因の第1位が歯周病なのだ。ドラッグストアやコンビニでは口腔ケア製品がよく売れている。歯周病予防という認識は広がっており、1000円以上の薬用歯磨きも売れ行きがいいようだ。

「でも、歯医者にはなかなか来院したがらないんですよね」と、森元医師は苦笑する。筆者が同窓会に出席したとき、プレイボーイだった男性の前歯が欠けていた。「ほかの歯もポロポロと抜けちゃうんだよ」。これは歯周病の末期症状だと思い、歯医者に行くように勧めたが、「歯医者は嫌い」と、にべもない。キザったらしかった彼が歯抜けで一気にジジくさくなっても通院しようとしないのだから、よほど歯医者が嫌いなのだろう。

 2012年、雑誌「プレジデント」(プレジデント社)編集部が55~74歳の男女を対象に、「人生の振り返り」に関するアンケートを行ったところ、健康について後悔していることでは、「歯の定期検診を受ければよかった」が総合第1位だったという。女性部門では第4位だったものの、男性部門では、「体を鍛えればよかった」「頭髪の手入れをすればよかった」「たばこをやめればよかった」をおさえて第1位、70歳以上部門でも第1位だというから、高齢男性の後悔ぶりが目に浮かんでくる。

 近年はインプラントが注目されている。しかし、歯周病で歯茎が弱っていくと、せっかく何十万円も支払って取り付けたインプラントが抜けてしまう症例が後を絶たないという。

歯周病菌が動脈硬化や心臓疾患、糖尿病などを引き起こす

 この歯周病菌、怖いのは歯へのダメージだけではない。歯周病菌が炎症を起こした歯肉から毛細血管に入り込み、血液に乗って全身に運ばれていくと、動脈硬化をはじめとするさまざまな深刻な病を引き起こすのだ。歯周病菌が心臓の弁に付着すると心内膜炎になる。歯周病菌がインシュリンの分泌を阻害するために糖尿病になりやすくなる。歯周病菌が気管に入ると誤嚥性肺炎になる。

高齢者、健康の後悔1位は「歯」…歯周病で全身の内臓疾患、命を脅かす、物も食べられずのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事