NEW
渡辺陽一郎「いちばん詳しい『人気の新車』完全ガイドシリーズ」

大人気のダイハツ「ムーヴキャンバス」は買い?購入前の要確認ポイント3つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大人気のダイハツ「ムーヴキャンバス」は買い?購入前の要確認ポイント3つ!の画像1
ダイハツの「ムーヴキャンバス」(「【公式】ムーヴ キャンバス トップページ|ダイハツ」より)

どんなクルマなのか?

 ダイハツ工業ムーヴキャンバス」は、背の高い売れ筋の軽自動車です。全高は1655mmだからムーヴに近い数値ですが、後席のドアは全高が1755mmに達するダイハツ「タント」と同じスライド式です。スライドドアを備えた軽自動車では、全高が唯一1700mmを下回ります。

 そして、ボディの基本スタイルは水平基調ですが、角に丸みを持たせてリヤゲートを少し寝かせました。ストライプスカラーと呼ばれるボディの中央と上下を塗り分けたツートンカラーもあり、優れた実用性とオシャレな外観を両立させました。

人気を得ている理由

 30歳以下の年齢層には、子どもの頃からスライドドアを備えたミニバンに親しんだユーザーが多いです。そのため、大人になって軽自動車を買うときもスライドドアが欲しいと考えます。ただし、主力車種のホンダ「N-BOX」、タント、スズキ「スペーシア」、日産自動車「デイズルークス」は、すべて全高が1700mmを上回って実用指向が強いです。「スライドドアは欲しいけれど、ここまで背が高い必要はない」と考えるユーザーも多いです。

 このニーズに合うのが、スライドドアを装着しながら全高を1655mmに抑えたムーヴキャンバスです。丸みのあるボディもN-BOXやタントとは雰囲気が違ってオシャレです。デザイン性と実用性の絶妙なバランスにより、ムーヴキャンバスは高い人気を得ました。

気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★★☆☆

 車内の広さはN-BOXやタントには負けますが、不満はないです。後席は柔軟性が不足して、座り心地は今一歩です。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★★★☆

 後席の下に引き出し式の収納設備があって便利です。その代わり、後席を倒したとき、広げた荷室の床に段差ができます。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★★★☆

 水平基調のボディは視界が優れています。軽自動車なので最小回転半径も4.4mに収まり、小回りが利きます。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★☆☆

 車両重量が900kgを超えるので、加速力は控えめです。走行安定性はスライドドアを備えた軽自動車では優れています。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★★☆

 乗り心地は軽自動車の中では快適な部類に入ります。インパネなど、内装の質感も満足できます。

(6)燃費性能とエコカー減税

★★★★☆

 JC08モード燃費は28.6km/L、WLTCモード燃費は20.6km/Lなので、スライドドア装着車の中では良好です。

(7)安全装備の充実度

★★★★☆

 緊急自動ブレーキは歩行者も検知します。前後方向ともに、ペダルの踏み間違いによる誤発進抑制機能を備えます。

(8)価格の割安感

★★★★☆

 両側スライドドアの電動機能、サイドエアバッグを備えたXメイクアップリミテッドSA IIIが147万9600円と割安です。

選ぶときに確かめたい3つのメリット

・後席下側の収納設備を引き出すとバスケット状になり、上に置いた買い物袋が倒れません。

・スライドドアはドアパネルが外側へ張り出さず、狭い場所でも乗り降りしやすいです。

・乗り心地は、硬めになりやすい軽自動車としては優れた部類に入ります。

後悔しないための3つの要チェックポイント

・ターボエンジン搭載車がないので、登坂路の多い地域ではパワー不足を感じやすいです。

・後席は足を投げ出す姿勢になりやすく、座面の柔軟性も不足しています。

・シートアレンジが単純で荷室の使い勝手はあまり良くないです。自転車も積みにくいです。

大人気のダイハツ「ムーヴキャンバス」は買い?購入前の要確認ポイント3つ!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事