NEW
枝久保達也「考える鉄道」

北陸新幹線以外でも…浸水リスクがある鉄道車両基地リスト 特に首都圏東部は要警戒

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風19号、東日本各地に被害 新幹線の車両基地が水没(写真:新華社/アフロ)

 台風19号がもたらした記録的な豪雨により、各地で河川の氾濫が相次いだ。長野県の千曲川は約70メートルにわたって堤防が決壊し、川の水が北陸新幹線の長野新幹線車両センターに流れ込んだ。

 1編成(12両)あたり33億円の新幹線車両10編成、変電所や信号関係設備、日々の運行を支える車両検査や修繕用の設備があっけなく水没。床下機器に加え、座席など車内設備まで浸水した新幹線車両は「全損」の状態とみられる。基地に取り残された社員の無事だけが不幸中の幸いであった。

 長野市穂保付近の堤防決壊個所から車両基地までは約1km、車両基地から長野駅までは約10kmの距離にある。信濃毎日新聞web版(信毎web10月17日付)によると、この場所はもともと、長野市赤沼という地名が示すように、洪水が起きるたびに遊水地のような機能を果たしていた低地であった。

 この土地に目を付けたのが、北陸新幹線を建設した日本鉄道建設公団と長野県だった。長野駅近くで、平坦かつ広大、そして何よりも買収が容易なこの土地は、車両基地の設置場所として最適だったからだ。建設にあたっては、長野県が1982年に作成した浸水被害実績図を参考に、過去最深の浸水よりも90センチ高くなるように盛土をしている。

 ところが近年、「100年に1度」の大雨を前提とした浸水の予想が進歩したことで、過去数十年の実績値を前提とした、これまでの対策が不十分だったことが明らかになってしまったのだ。長野市のハザードマップは、長野新幹線車両センターの最大浸水想定を10m以上としており、実際に今回の堤防決壊によって4mを超える浸水を記録している。

難しい車両基地用の土地の確保

 こうした車両基地の浸水リスクは、実は各地に存在している。前述のように、線路脇に平坦で広大な用地を手に入れることは容易なことではない。特に地下鉄をはじめとする都市鉄道では、車両基地用の土地の取得、確保が路線整備の可否を左右するといっても過言ではない。そのため、どうしても河川や海岸沿いの土地に車両基地を設置せざるを得ないケースが多い。

 例えば、地下鉄日比谷線の南千住駅近くにある千住車両基地では、隅田川沿岸の国鉄用地を譲り受けて車庫を設置した。建設にあたっては、過去もっとも水位が上昇した1949年のキティ台風を基準に、約1mの盛土をしている。

北陸新幹線以外でも…浸水リスクがある鉄道車両基地リスト 特に首都圏東部は要警戒のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事