NEW

秋篠宮家、不当なバッシング報道の全真相…一丸となり熱心にご公務に勤しまれていた

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
即位礼正殿の儀(写真:代表撮影/ZUMA Press/アフロ)

 即位の礼をめぐる一連の儀式によって祝賀ムードが広がるなか、秋篠宮家は依然として、眞子さまの結婚問題を抱えたままだ。

 高いハードルとなっているのが、お相手の小室圭さんの母親の佳代さんと元婚約者との間の“借金トラブル”だ。贈与であって返す必要がないという佳代さんと、借金であるという元婚約者の主張がぶつかり合っていたが、8月上旬、佳代さんの代理人、元婚約者本人とその代理人の3人が話し合いを持った。

 借金であるということは認めないまま、佳代さんが“解決金”などの名目で、相応の額を元婚約者に支払うことでの決着を目差しているのではないかといわれている。そうなった場合、結婚問題は進展するのだろうか。

「金銭トラブルが解決したとしても、それは第1段階にすぎません。ここまでゴタゴタが続いてきていて、秋篠宮家としては、それだけでは納得できないでしょう。小室さんは金銭問題の解決もしないまま突然、ニューヨークに行ってしまった。資格を取るために勉強されているわけですけど、それが達成できていない状況。一般の家庭の親であっても、結婚を認めにくいのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト、以下同)

 眞子さまの結婚問題に関して、佳子さまは今年3月の国際基督教大学(ICU)卒業時に「結婚においては当人の気持ちが重要」「姉の一個人としての希望がかなう形に」と回答された。この問題に関して、秋篠宮ご夫妻、眞子さま佳子さまご姉妹との間に断絶が生じており、お食事も別々にとられているなどの報道も見受けられる。

「眞子さまは、小室さんと結婚することを考えて日々を送っていると思われます。佳子さまはそれを擁護するお考えですから、秋篠宮家の中で結婚問題について話しづらい空気になっていることは確かでしょう。だけど、断絶ということはないと思います。ご公務のこととか、日々の生活についてのお話はされていると思います。お食事については、秋篠宮殿下と紀子さまはとてもお忙しく、ご不在のことも多いので、別々になることもあるだろうとは思います。悠仁さまがいらっしゃるわけですから、時間があればお食事は一緒にするんじゃないでしょうか」

 秋篠宮ご夫妻と悠仁さまが8月17日から1週間、ブータンを私的に訪問されたが、予定されていた宮務官(秋篠宮ご一家の身の回りのお世話などをする宮内庁職員)の随行が取り消された。これは秋篠宮殿下が決定されたとのこと。秋篠宮家と宮内庁との不協和音を指摘する報道もある。

「ブータンの王族の方々とお会いするわけですから、外交儀礼に詳しい宮務官が付いて行くほうが好ましいことは確かで、不自然であるとは感じます。ただ、今回はプライベートなご旅行でした。秋篠宮殿下の知人である国立民族学博物館教授の池谷和信氏が、現地での行動は取り仕切ったということですね。そうしたブータンと親交があり文化にも通じている方に委ねようというのは、殿下独特のお考えなのかもしれません」

秋篠宮家、不当なバッシング報道の全真相…一丸となり熱心にご公務に勤しまれていたのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事