NEW

東京モーターショー2019を勝手に総括…入場者100万人への疑問と長すぎる待ち時間

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京モーターショー2019の会場となった東京ビッグサイト。

 第46回東京モーターショー2019の12日間の会期が終わり、11月4日に閉幕した。今回のモーターショーは、「OPEN FUTURE」をテーマに業界を超えたオールインダストリーが参加し、「クルマ・バイクのワクワクドキドキ」から「未来の暮らし」「未来の街」にまで領域を広げたのが特徴であった。来場者数は、豊田章男・日本自動車工業会会長が開催前に掲げた100万人の目標を超え、前回からは倍増に近い130万900人となった。このようなうれしいニュースが届き落ち着いたところで、この第46回東京モーターショー2019を総括してみたい。

世界的に変化するモーターショーの意味

 東京モーターショー自体の地盤沈下をよく耳にする。今回も、海外メーカーはメルセデス・ベンツをはじめ3メーカー5ブランドに留まった。しかし、これは東京モーターショーだけでなく、先だって行われたフランクフルトオートショーでも同じこと。ここに日本メーカーは出展していないし、年始に開催されるデトロイトモーターショーは会期をずらし音楽イベントとのコラボレーションとなるなど、そもそも世界的に、モーターショーの姿が変わりつつあるのだ。

 そういった側面を踏まえてみれば、今回の東京モーターショーは、一歩先を行く試みを行ったといえる。有料の展示場のほかに入場無料のスペースを作ったり、開催日の前半に500機のドローンを使用したショーを開催したりするなど、これまでのクルマ中心のショーからエンターテイメント性を重視したショーへの転換が図られていたのだ。

 その最も顕著な例が、トヨタ自動車のブースだろう。豊田章男社長が「1年以内に発売するクルマはブースに置きません!」と宣言したようにトヨタブースにはクルマの展示はなく、体験型のコンテンツが並び、まるでテーマパークのようだった。こういった斬新な試みが行われていたのが今回の大きな特徴のひとつだといえる。

プレスカンファレンスでの豊田章男・トヨタ自動車社長。東京モーターショー主催者である日本自動車工業会の会長でもある。

キッザニアとのコラボで子どもは大喜び

 こうした点を踏まえた上で、今回のモーターショーで良かったところから触れていきたい。

 まず、前回のモーターショーでは小学生以下が無料となっていたのに対し、今回は高校生まで無料となったのは非常に良い試みだった。小学生を中心に、修学旅行で東京に来たと思われる高校生の姿も多く見られた。現在の子どもたちにとって、クルマはほぼ各家庭にあるものであり、まったく珍しいモノではないだろう。しかし、最新の技術などに触れてより興味をもってもらい、将来の自動車開発に携わってくれる人材が出てくることが期待できるからだ。

 そしてもうひとつ良かったポイントは、キッザニアとのコラボだ。これは、各自動車メーカーがそれぞれの特徴を出した職業ブースを用意し、それを子どもたちが体験できるというもの。ホンダのレーサーの一日体験、スバルのレースメカニックになってのタイヤ交換体験なども興味深かったが、なかでも秀逸だったのが、マツダの金型製作体験だ。

 マツダの特徴である「魂動デザイン」は曲線を多用したボディだが、その製作のためにはベースとなる金型の精度を上げなければならず、その仕上げには人間の技術が大きく影響している。マツダの金型製作体験ではこのことを身をもって知ることができ、実にマツダらしい職人気質が際立つコンテンツだった。またそれらの体験ブースの多くでは、小さい子どもやその家族のための優先エリアが設定されており、そうした工夫も来場者増に繋がったといえるだろう。

マツダ市販車初のピュアEV(電気自動車)として話題を集めたMX-30。

東京モーターショー2019を勝手に総括…入場者100万人への疑問と長すぎる待ち時間のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事