NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」【アプリ四季報 2019年7~9月】

「ドラクエウォーク」が1カ月で800万DL達成…意外な強みで“30~40代男性キラー”に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ドラクエウォーク」が1カ月で800万DL達成…意外な強みで30~40代男性キラーに?の画像1
ドラゴンクエストウォーク 公式プロモーションサイト | SQUARE ENIX」より

 ダウンロードしたものの、数回使っただけで休眠状態だったり、アンインストールしてしまったりしたアプリがある人も多いはずだ。テレビCMなどでは「数百万ダウンロード突破!」と威勢のいい言葉を聞くが、実際にどんなアプリがどの性年代にどのくらい使われ続けているのか。

 本連載では、ダウンロード数だけでは見えない「アプリの利用率」をモニターの利用動向から調べるサービス「App Ape」を提供しているフラーに、四半期ごとに人気アプリの実態について聞いている。

 同社のオウンドメディア「App Ape Lab」編集長の日影耕造氏に、2019年第3四半期(7~9月)を中心にアプリの動向を聞いた。

800万DLを達成した「DQウォーク」

――19年7~9月期を象徴するアプリを教えてください。

日影耕造氏(以下、日影) 期の終わりになりますが、9月12日にリリースされた「ドラゴンクエストウォーク(以下、DQウォーク)」と、9月25日にリリースされた「マリオカートツアー」ですね。

――どちらも老舗ゲームメーカーによる、おなじみのビックタイトルですよね。「DQウォーク」はリリースから約1カ月後の10月16日に800万ダウンロードを記念した特別クエストを用意しています。「マリオカートツアー」については、公式発表ではなくアプリストアの調査会社SensorTowerによる推計値ですが、配信後1日で2000万ダウンロードを突破したと報じられていました。

 どちらも「リセマラ」【※1】を何度もする人もいるでしょうから、プレイヤーの実数とは異なるでしょうけれど。

日影 図1が、「App Ape」による「DQウォーク」と「マリオカートツアー」の所持者数推移になります。19年9月からなので「推移」というほど長期間のデータではありませんが。なお、比較のため「DQウォーク」と同ジャンルの位置ゲームである、16年リリースの「ポケモンGO」も入れてみました。

「ドラクエウォーク」が1カ月で800万DL達成…意外な強みで30~40代男性キラーに?の画像2
図1

――こうして見ると、初動は「ポケモンGO」が圧倒的ですね。「DQウォーク」も「マリオカートツアー」も、初動は「ポケモンGO」の3分の1以下ですね。

日影 ただ、それぞれのリリース時の社会的な状況も加味する必要があります。「ポケモンGO」がリリースされた16年当時は、位置情報を利用してゲームやビジネスをやるということが、とても目新しかったですよね。

――「ポケモンGO」はリリース直後、テレビの情報番組などでも報じられ、社会現象とも言える盛り上がりを見せましたよね。ポケモンというコンテンツ自体に思い入れはないものの、ミーハー心でダウンロードした人も大勢いたでしょうね。

日影 一方、位置ゲームがもう珍しくなくなった19年リリースの「DQウォーク」はメディアで大きく報じられるということもあまりなかったですよね。そんな状況を考慮すると、よく伸びていると言える結果ではないでしょうか。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』 時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。 amazon_associate_logo.jpg
『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』 「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第! amazon_associate_logo.jpg

「ドラクエウォーク」が1カ月で800万DL達成…意外な強みで“30~40代男性キラー”に?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事