NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」【アプリ四季報 2019年7~9月】

消費増税と台風の10月、「ファミペイ」とヤフー「防災速報」の利用者が激増した

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
消費増税と台風の10月、「ファミペイ」とヤフー「防災速報」の利用者が激増したの画像1
ファミペイ – ファミリーマート」より

 ダウンロードしたものの、数回使っただけで休眠状態だったり、アンインストールしてしまったりしたアプリがある人も多いはずだ。テレビCMなどでは「数百万ダウンロード突破!」と威勢のいい言葉を聞くが、実際にどんなアプリがどの性年代にどのくらい使われ続けているのか。

 本連載では、ダウンロード数だけでは見えない「アプリの利用率」をモニターの利用動向から調べるサービス「App Ape」を提供しているフラーに、四半期ごとに人気アプリの実態について聞いている。

 前編に続き、同社のオウンドメディア「App Ape Lab」編集長の日影耕造氏に、2019年第3四半期(7~9月)を中心にアプリの動向を聞いた。

ポイント還元の対象店を探す人が急増?

――期がずれてしまうのですが、19年10月は「消費税が10%」になり、12日前後にかけて日本に上陸した台風19号は各地で大きな被害を出しました。この2つの大きな出来事のときに、どのようなアプリが使われていたのでしょうか。

日影 「App Ape」には、特定の日時を比較し、利用が伸びたアプリをランキングにする機能があります。まず「消費税10%」ですが、図1が、消費税が10%になった10月1日において、3日前と比較して利用が伸びたアプリのランキングになります。

消費増税と台風の10月、「ファミペイ」とヤフー「防災速報」の利用者が激増したの画像2
図1

 1位は、一般社団法人キャッシュレス推進協議会による「ポイント還元対象店舗検索アプリ」です。約200%増と、3倍見られていますね。消費増税に伴うポイント還元は中小小売店でのキャッシュレス決済時に2%もしくは5%を還元するというもので、目玉施策のひとつです。

――「5%」のポイント還元は大型チェーン店などではない、いわゆる“地元のお店”系が多いため探しにくく、「ポイント還元対象店舗検索アプリ」では、それが地図として表示されますよね。

日影 次点は、ファミリーマートのペイメント「ファミペイ」です。こちらに限らず、上位はキャッシュレスのペイメントアプリ関係が多く占めていますね。

「ファミペイ」は7月まではペイメント機能を持っておらず、名前も「ファミリーマートアプリ」でしたが、ペイメントを始めた7月から利用者数を大きく伸ばしました。ポイント還元の対象になるので、各社が急ピッチで態勢を揃えてきた背景もありますね。

――セブン-イレブンのペイメント「7pay」は、7月のリリース直後に不正アクセスによりセキュリティの脆弱性が発覚し、9月末でサービス終了となってしまいました。業界大手のこの顛末でキャッシュレス化の流れに水を差すかなと思ったのですが、こうして「App Ape」のデータを見ると、キャッシュレス化の流れは順調と言えますね。

日影 国がキャッシュレス決済にインセンティブを設ける形で推奨し始めたというのは、ひとつの潮目になったかと思います。今までのペイメントの置かれた状況とは異なったフェーズに上がった感じはしますね。

 あと、これは考え方にもよるんですが、ペイメントはMAU(月に一度以上利用したユーザー数)を追いかけなくてもいいと思ってるんですよ。それよりも「ペイメントとして使う可能性のある人」をどれだけ蓄積しているかが大切なんです。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』 時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。 amazon_associate_logo.jpg
『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』 「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第! amazon_associate_logo.jpg

消費増税と台風の10月、「ファミペイ」とヤフー「防災速報」の利用者が激増したのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事