NEW
連載
矢野耕平「塾の小窓をのぞいたら」

中学受験は「親」次第?途中でつまずく子/やり抜く子の「親」の共通点

文=矢野耕平/中学受験指導スタジオキャンパス代表
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「Getty Images」より

中学受験は順風満帆にはいかない

 中学受験は「子どもの意志」でスタートすることなどほとんどない。子の将来を考えた際に、保護者がよかれと考え導いていく世界である。そういうものだと思う。ただし、保護者に「勉強させられている」という感覚を子に持たせては絶対にならない。

 中学受験は順風満帆にはいかないもの。苦手分野に出くわしたり、スランプに陥ったりしたとき、「わたしは(保護者によって)塾に通わせられている」と子どもが思い込んでしまっていると、勉強が思い通りにいかない場合など子が他責的になってしまうことが多く、結果的に受験勉強の途中で挫折してしまうこともある。

 保護者のなかには「こんなに小さな子が塾通いするのはかわいそうだ」と感じてしまう人がいるかもしれない。もし、そのような感情が拭い去れないなら、子を中学受験の道へ導くのは潔くあきらめたほうがいい。保護者のそんな同情は子どもにやがて伝播し、中学受験勉強の「踏ん張りどころ」で踏ん張れずにそのまま脱落してしまうからだ。「勉強させられている自分は『かわいそう』な存在である」と考える子が、中学受験に向けたハードなカリキュラムを消化できるわけはない。

中学受験をする子は「かわいそう」?

『早慶MARCHに入れる中学・高校』(朝日新書/朝日新聞出版)

 それでは、中学受験勉強に早期から打ち込んでいる子どもたちは「かわいそう」なのか。わたしはそんなことは思わない。むしろ、中学受験というチャンスが与えられている「恵まれた」子どもたちだと考えている。

 よく考えてみよう。「勉強」ってつらく苦しいものなのだろうか。もちろん、そういう側面もあるかもしれない。しかし、算数だって国語だって、理科、社会だって、多くの知識を身に付ければ身に付けるほど、子どもたちの視野は格段に広がっていく。それは、とても楽しく思えることだ。

 たとえば、中学受験の社会では「地理」「歴史」「公民」の3分野の学習をかなり深いレベルまで踏み込んでいく。「公民」の内容の一例を挙げると「国会」「内閣」「裁判所」といったことから「世界情勢」まで幅広く学んでいく。そんな中学受験生たちと、中学受験をしない小学生がニュース番組を見たら、「見える景色」が大きく異なるはずだ。

「ああ、いまの首相は改憲を目論んでいるけれど、自衛隊の位置づけをどうするのかは難しいよな。憲法9条を改めることには反対勢力が多いだろうし」

 中学受験生ならニュースを見ながら自然とそんな感想を持っても不思議ではない。そうなのだ。中学受験勉強は子どもたちの「世界」を広げていく実にエキサイティングなものである。

関連記事