NEW
木下隆之「クルマ激辛定食」

トヨタ新型「ヤリス」の全貌を入手…TNGAの神髄を体現、コンパクトボディと室内の広さを両立

文=木下隆之/レーシングドライバー
【この記事のキーワード】

, , ,

【完了】トヨタ新型「ヤリス」の全貌を入手…TNGAの神髄を体現、コンパクトボディと室内の広さを両立の画像1
トヨタ自動車の次期型「ヤリス」

 2020年2月中旬に発売されるといわれている、トヨタ自動車の次期型「ヤリス」の先行試乗に成功した。20年の主役になると目されている大物だけに、試乗会場となった千葉県のサーキットは物々しい雰囲気に包まれた。

 そもそもヤリスは、日本名「ヴィッツ」のグローバル名である。ヴィッツはヤリスと名前を変えてアジアや欧州で展開されてきた。そのため、世界ではヤリスの知名度は、ヴィッツより高いのだ。それならば日本でも……、という理由でヴィッツがヤリスと改名して登場するのが、来年2月である。

【完了】トヨタ新型「ヤリス」の全貌を入手…TNGAの神髄を体現、コンパクトボディと室内の広さを両立の画像2

 ただ、それは単にグローバル名に統一するという平易な理由だけではなさそうである。なぜなら、次期型ヤリスはヴィッツのルーティンフルモデルチェンジという単純な言葉では伝えられないほど変革しているのだ。志はフルモデルチェンジではなく、“新型”である。

 新プラットフォームは、最近のトヨタのTNGAを流用している。ホイールベースは先代より40mmも長い。となれば全長が伸びたのではないかと予想したが、全長は逆に5mm短縮されている。つまり、ボディを肥大化させずにタイヤを四隅に追いやることに成功したわけで、“小さいのに広いクルマ”になったのである。

【完了】トヨタ新型「ヤリス」の全貌を入手…TNGAの神髄を体現、コンパクトボディと室内の広さを両立の画像3

 新型ヤリスと対面したときの第一印象は「小さいなぁ~」であった。だが、5mmしかコンパクトにはなっていない。とはいえ、小さくなったのに広くなったというところに、TNGAの優秀性をあらためて実感した。TNGAとは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの略で、商品力の飛躍的向上と原価低減を同時に達成するための車両づくりのシステムの総称だ。

 今回の記事では、数字で分析することにする。そうすることで新型ヤリスの個性が際立ってくるからだ。

【完了】トヨタ新型「ヤリス」の全貌を入手…TNGAの神髄を体現、コンパクトボディと室内の広さを両立の画像4

 コンパクトに見えたのは、そのフォルムがキュートで凝縮感があるからというだけではなく、実際に全高は30mmも低くなっているためだ。ただし、全高の30mmダウンは何も頭をギュッと押し潰すようにして室内空間を犠牲にしたわけではなく、車高を10mm下げ、全体的に地を這うスタイルにしたことによる結果だ。

 ドライバーのヒップポイントも21mm下げている。つまり、30mmも頭を抑えられても、天井が迫ってくるぶん車高を10mm下げることで逃げているわけだし、フロントシートも下げている。乗り込んでも閉塞感がなかったのは、そういった細かい煮詰めが効果的だからだろう。

 リアシートにいたっては、ヒップポイントを32mmも下げたという。後席は確かに広くは感じないが、かといって天井が迫ってくるような窮屈な印象を受けなかったのは、シート位置の細工が効いているのだ。

【完了】トヨタ新型「ヤリス」の全貌を入手…TNGAの神髄を体現、コンパクトボディと室内の広さを両立の画像5

 軽自動車は、寸法が限られているなかで最大の室内空間を求めるから、最終的に天井を高く設定し、広々感を得ている。新形ヤリスは、それとは対象的に低くて短くてそれでも広く、なのである。

 搭載するエンジンは1.5リッター直列3気筒ハイブリッドである。プロトタイプだったこともあり、正式なエンジンスペックの発表はなかったが、必要にして十分なパワー感だったことを報告しておきたい。

「小さく低く、しかし広い」という、人を小馬鹿にしたようなマジックが可能になったのは、とりもなおさずTNGAの完成度が高かったからにほかならない。トヨタが威信を賭けて開発した新時代プラットフォームは、次期型ヤリスでさらに花開こうとしている。
(文=木下隆之/レーシングドライバー)

●木下隆之
プロレーシングドライバー、レーシングチームプリンシパル、クリエイティブディレクター、文筆業、自動車評論家、日本カーオブザイヤー選考委員、日本ボートオブザイヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員 「木下隆之のクルマ三昧」「木下隆之の試乗スケッチ」(いずれも産経新聞社)、「木下隆之のクルマ・スキ・トモニ」(TOYOTA GAZOO RACING)、「木下隆之のR’s百景」「木下隆之のハビタブルゾーン」(いずれも交通タイムス社)、「木下隆之の人生いつでもREDZONE」(ネコ・パブリッシング)など連載を多数抱える。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事