NEW
ジャーナリズム

台湾・蔡英文総統、笑顔なき大勝…再選の裏に内憂外患

文=甘粕代三/ライター
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾・蔡英文総統、笑顔なき大勝…再選の裏に内憂外患の画像1
再選を果たした台湾の蔡英文総統(写真:ZUMA Press/アフロ)

 1月11日に投開票が行われた台湾総統選挙は再選を目指した民進党・蔡英文が史上初めて得票数800万票を超え、歴史的大勝で幕を下ろした。

台湾・蔡英文総統、笑顔なき大勝…再選の裏に内憂外患の画像2

 台湾時間午後4時の投票締め切りと同時に各投票所で行われた開票で蔡英文は順調に票を伸ばし、国民党・韓国瑜に得票率で10%以上リード。午後8時半過ぎには韓国瑜が早々に国民党本部前に姿を現し、打ちひしがれた支持者を前に「結果に従う」と敗戦を宣言した。しかし、その表情はさわやかさと満足感に満ちあふれていた。

 その約30分後、蔡英文は勝利に熱狂する支持者を前に民進党本部前で勝利宣言を行う。同時に行われた立法院(議会)選挙では、民進党が前回よりも議席を減らしたものの61議席(定数113)を獲得、単独過半数を維持した。

台湾・蔡英文総統、笑顔なき大勝…再選の裏に内憂外患の画像3

 しかし、前回2016年の高揚感に満ちあふれた勝利宣言とは一変して、その表情は硬く、一語一語を選ぶかのように淡々とした口調。そして、内容も極めて簡潔なものだった。

「内外メディア、記者のみなさん、みなさん、お待ちくださったことに感謝いたします。まず、本日投票してくださった有権者にお礼申し上げます。誰に投票しようと、今回の選挙に参画したこと自体が民主という価値の実践です。これまで毎回の総統選挙を通じ、台湾人は世界に向けて、我々がどれだけ民主的で自由な生活と、我々の国家である中華民国を大切にしているかを訴えてきました。

 韓(国瑜・高雄)市長と(親民党)宋(楚瑜)主席に対して、私とこの民主の旅を完走してくださったことに敬意を表します。今回の選挙戦を通じて、私に対するすべての建設的な批判が次の任期の扉を開いてくれました。党の立場が異なっても、この先にはみなが協力できる空間があることを信じています。

 今日、台湾人民の一票一票が民進党執政の継続と国会での多数を選択してくれました。この結果は過去4年、執政チームと立法院の党団が正しい方向に向かっていたことを代表します。英文・清徳コンビ、民進党候補者に、民進党候補者に投票してくださった支持者のみなさんに感謝申し上げます。民主とその進歩という価値、解決と団結の道を選択してくださったみなさん、ありがとう。

 私はみなさんに保証します。勝利によって反省を忘れないことを。この4年、我々は実績を残しました、しかし、足りなかったところもあります。台湾人民は、我々にもう4年の時間を与えることを願ってくれました。我々は足りなかった点、間に合わなかった点をさらによく、多く努めていきます。これからも我々はさらによい国を、さらに完全な社会保障を、さらに全面的な基礎建設を、さらに競争力のある経済を、さらに国際的な就業と就学環境をつくり続けてまいります。

 我々は自らに鞭打ってまいります。政府は清廉で効率的でなくてはならず、改革は継続して進めなければならず、地域は均衡した発展を持続しなければならず、貧富の差は改善を続けなければなりません。当然のことながら我々は国家安全の増強を続け、我々の主権を守り続けます。第2期目には私は私のチームと共に過去4年間の基礎の上に、さらに努力を倍加いたします。今回の選挙は国際的にこれまでにない関心を集めました。今日、多くの海外メディアがここに集まってくれています。この機会を借りて、台湾人民を代表して台湾の民主を重視し支持してくださったことに感謝申し上げます。

 今回の選挙は台湾人民が民主という価値を堅持していること、国家認識を尊重し、特に国際社会に参画する際に公平な待遇を与えられることを国際社会に対し十分に見てとってもらいたいとの希望を持っていることを示すものです。中華民国台湾は国際社会に欠かすことのできない一員です。我々は各国と積極的に協力し、責任を分かち合い、共に繁栄し、地域の平和安定を維持することを望んでいます。そして、各国に対して台湾はパートナーであってテーマではないことをお伝えしたいと思います。今回の選挙は重要な意義を明らかにしました。それは、我々の主権と民主が大音声で脅威を受けたとき、台湾人民はさらに大音声を用いて我々の堅持を訴えるということです。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事