NEW

AIに仕事を奪われない「1万人に1人のスキル」を身につける簡単な方法

文=中原圭介/経営コンサルタント、経済アナリスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

AIに仕事を奪われない「1万人に1人のスキル」を身につける簡単な方法の画像1
「gettyimages」より

 商品やサービスの多様化が進んだ未来では、専門性の高いスキルが欠かせません。その際、有効なのが「1000人に1人」「1万人に1人」の価値を獲得することですが、果たしてそんなことが可能なのでしょうか?

「1000人に1人の逸材」になる方法

 新しい技術が広まる10年後の世界では、個人が会社に所属していようが所属していまいが、大半の仕事はわざわざ会社に出勤して行う必要がなくなっていきます。高いスキルや知識を持っている人にとっては、組織に所属しているか否かにかかわらず、新しいプロジェクトが立ち上がるたびに、そのなかで役割を分担するケースが増えていくでしょう。

 言い換えれば、さまざまなビジネスを股にかけるような働き方が、将来的には多数派になっていくわけです。実際、シリコンバレーなどでの新型自動車の開発プロジェクトでは、そのプロジェクトのために世界から選りすぐった高スキルな人材集団が世界に散らばる個々のオフィスから参加しています。

 クラウドなどのIT環境でつながって開発を行っているので、同じ場所に集まるということはほとんどありません。かつては会社といった組織の中でしか遂行できなかった仕事が、今や世界から専門性の高い人材を集めることで達成できるようになっているわけです。

 変化が遅いといわれる日本でも、10年後にはこのような形態のプロジェクトが広まっているのは間違いありません。ひとつの商品やサービスを開発する上で、エンジニアはアメリカ人と中国人、デザイナーはフランス人、マーケティングは日本人、セールスはオーストラリア人といった具合に、世界中から人材を集めることが当たり前になっていきます。

 商品やサービスの多様化がいっそう進む未来では、一人ひとりの個性やアイデアの価値がますます高まっていかざるを得ないからです。世界で話題になるようなプロジェクトのメンバーに選ばれるためには、非常に専門性の高いスキルを持っていなければなりません。

 たとえば、シリコンバレーや深圳などの大型プロジェクトに参加できるようになるためには、専門性をひとつのスキルだけで判断するならば、1000人に1人や2000人に1人といったレベルに達していないと難しいでしょう。

 こういった現実的なストーリーを前段だけでも聞くと、大多数の人が「そんなレベルに達する自信がない」とあきらめてしまうのではないでしょうか。

 しかしながら、個人の価値を飛躍的に高める方法というのは、何もひとつの専門性を極めるだけということではありません。極めるというレベルにまで達していなくとも、個人が複数のスキルを持つことで1000人に1人、さらに1万人に1人の価値を獲得することは、みなさんが思っているほど難易度が高くはないのです。

 少なくとも現時点では、スキルを3つも持っていれば、その相乗効果も相まって個人の価値は相当に引き上げられるはずです。というのも、個人の価値はスキルの数の「足し算」ではなく、「掛け算」で決まるからです。

 たとえば、専門的なスキルAを1000人に1人や2000人に1人のレベルにまで磨くには気後れしてしまうかもしれませんが、10人に1人のレベルにまで高めるのは比較的容易なことです。

『定年消滅時代をどう生きるか』 10年先を見据えた「自らの価値を高める方法」「これからの働き方」とは? amazon_associate_logo.jpg
RANKING

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ