NEW
企業・業界

ゲーセン業界瀕死…プレステ&セガ登場の「約10年後」、凋落開始を招いた出来事とは?

文=A4studio
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 ゲームセンターという業態は、心ない一部の人々から「オワコン」と呼ばれてしまうような状況に陥っているが、本当にゲームセンターはこのまま“終わってしまう”のだろうか。

 確かに一昔前はターミナル駅の近辺や国道のロードサイドを中心に、大小のゲームセンターがひしめき合っていたが、ここ最近はその姿を減らし、残っている店舗も客数がまばらな印象だ。しかし、2008年頃まではショッピングセンターなどに入る大型店舗は増加傾向にあった模様。また、ここ数年は市場規模の縮小に歯止めがかかっており、わずかながら上昇に転じているというデータもある。

 ゲームセンターは本当にこのままオワコン化してしまうのか、それとも復活の兆しがあるのか。今回は、ゲームセンターの店長などを務め業界の現場を約6年間経験し、現在はゲームメディアのライターとして多くの著作を執筆している、日本デジタルゲーム学会ゲームメディアSIG代表・鴫原盛之氏に話を聞いた。

ここ30年で店舗数は8割減、だが最盛期は意外と00年代?

「ゲームセンターのくくりや定義は定めづらいんです。そもそもの始まりは、デパートの屋上に設置してあった遊具の一環であり、喫茶店などにおいてあったピンボールなどのフリップゲームに人気が集まり、そうした筐体を多数設置するようになっていった流れにあります。デパート屋上や喫茶店なども広義の意味でゲームセンターとすることもできますが、今回はいわゆるビデオゲームなどを多数設置し、そういったビデオゲームをメインコンテンツとした商業施設を『ゲームセンター』として、話を進めたいと思います」(鴫原氏)

 では現在のゲームセンター業界はどうなのか。業界下降の現状は、店舗数の面から見ると顕著だという。

「1985年に施行された改正風営法で営業許可を受けた店舗数を比較すると、風営法制定から4年後の89年には2万1929店舗ありましたが、2017年には4381店舗に激減。約30年間の間に5分の1にまで減少してしまっており、これは主に小型店舗の淘汰が進んだと考えられます。

 ちなみにゲームセンター業界は、大型スーパーマーケットの登場で小さな商店街が危機に陥った現象とは構造が異なります。まず、ゲームセンター業界は同業者間の価格競争がほぼ起きない業態ですので、大型店舗だからお得だということはありません。そして、そもそも駅前の雑居ビルなどを主戦場とする小型ゲームセンターと、郊外などで大人数の集客を狙う大型ゲームセンターではターゲトが違いますので、お客さんを奪い合っていたということもないのです。つまりどちらも等しく、時代と需要の変化にさらされており、体力のある大型店舗のほうがわずかに倒れるのが遅いというだけで、危機的状況であることに変わりはないのです」(同)

関連記事