日本のスマートフォン市場ではiPhoneのシェアが高く、その数字は35.9%にも及ぶ。スマホ使用者のおよそ3人に1人はiPhoneユーザーということになる計算だ。

 しかし、世界に目を向けると、シェア1位はサムスン、2位はファーウェイ、3位がアップルとなっている。また、4位以下は中国メーカーのシャオミ、OPPO、VIVOが三つ巴の戦いを繰り広げていて、上位3社も油断できない状況だ。

 iPhoneユーザーは、選ぶ理由として「性能の高さ」を主張しがちだが、今や他メーカーのスマホもすさまじい進化を遂げており、iPhone以上のスペックや個性的な機能を持つ機種も多く存在する。今回は、そんなiPhone以外で尖った機能を持つ個性的なスマホを紹介しよう。

ファーウェイ P30 Pro

 カメラの性能に定評がある中国・ファーウェイのハイエンドモデル。メーカーが「写真の常識を変える」とうたうほどの自信作だ。スマホはもはやさまざまな機能が成熟期を迎え、他社と差別化を図るにはカメラの性能しかないともいわれる。そんななか、ファーウェイはカメラ・レンズの老舗であるドイツのライカと提携し、他社に先駆けてカメラ性能に力を入れている。

iPhone以上の高機能&個性派スマホ5選!一眼レフ並みカメラや赤外線カメラ搭載もの画像1

 今回のカメラの構成は、約4000万画素の「広角」(F1.6)、約2000万画素の「超広角」(F2.2)、約800万画素の「望遠」(F3.4)、被写界深度計測用「ToFカメラ」となり、スマホ史上初のクアッドカメラレンズ(4つのレンズ)を搭載。画素数、F値ともにiPhone11を上回っている。

 被写界深度を測定する「ToFカメラ」はポートレート撮影で効果を発揮。メインの被写体と背景を認識し、背景の距離に応じて遠くのものがよりボケるように表現されるため、一眼レフカメラで撮影したかのようなリアリティのあるボケ味が再現されるのだ。

 また、望遠カメラの光学ズーム倍率は約5倍という、スマホとは思えないほどの高倍率を実現。光学ズームは多くのスマホで使用されるデジタルズームと違い、画質が劣化しづらいのが特徴で、一眼レフでズーム撮影したようなきれいな写真になる。

 さらに、色センサーを変更し、光の取り込みを40%アップさせたことによって、夜景などの暗い場所でもきれいな写真が撮れるようになった。カメラはもちろん、その他のスペックに関してもiPhone11に負けない性能だ。

Unihertz Atom

 現在、スマホのディスプレイは大きくなる一方だが、それに逆行している最小スマホがUnihertzの「Atom」だ。Unihertzは中国に拠点を置くスマホメーカーで、Atomは2017年発売の世界最小の4Gスマホ「Jelly Pro」の後継機種である。

iPhone以上の高機能&個性派スマホ5選!一眼レフ並みカメラや赤外線カメラ搭載もの画像2

 最大の特徴であるディスプレイサイズは、手のひらにのる2.45インチ。iPhone11、ファーウェイのP30が6.1インチなのと比べて、約3分の1のサイズだ。

 小さいからといって、スペックはあなどれない。カメラはフロントが800万画素、リアが1600万画素、OSはAndroid 8.1をプリインストールするなど、ミドルクラスのスマホに匹敵する。さらに処理能力も十分で、パズルゲーム程度ならストレスなくプレイができる。

 さらに、指紋と顔のダブル生体認証が可能で精度も高い。防水、防塵、耐衝撃筐体なので、落としてしまっても心配はない。大画面スマホの扱いづらさに飽き飽きしている人は、ぜひ手にとってほしい。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ