NEW
鈴木貴博「経済を読む“目玉”」

街中で新型コロナ感染者に偶然出会う確率をフェルミ推定で推論してみた

文=鈴木貴博/百年コンサルティング代表取締役
【この記事のキーワード】

, ,

街中で新型コロナ感染者に偶然出会う確率をフェルミ推定で推論してみたの画像1
一部閉鎖された東京・上野公園(写真:長田洋平/アフロ)

「どこに新型コロナウイルスがいるかわからないので本当に怖くて外出できない」

 つい先週、リアルに聞いた友人の叫びです。根拠を聞くと、「だって検査が十分にできていないうえに、今増加している新規感染者も経路がわからないわけでしょう。この場にウイルス感染者が絶対にいないとは誰も言えないじゃない」とのこと。その気持ちはわかります。「じゃあなんで君は今、この居酒屋にいるのか?」などという野暮な質問はしないでおいて、その代わりにこの友人に私がどんな話をしたのかをお話ししましょう。

 それから数日たっていますが、この記事を書いている3月29日の最新数値(WHOのCOVID-2019 Situation Reports 69)のデータを用いて、新型コロナの感染者が近くにいる恐怖をどう冷静に捉えたらいいのか、経営コンサルタントの手法をもとにお話ししましょう。

 私たちコンサルタントが使う道具のひとつに「フェルミ推定」というテクニックがあります。フェルミ推定とは「情報が不十分な状況で、だいたいの数をうまく見積もる技術」です。経営の現場では「この商品の潜在ユーザーは市場に何人ぐらいいるだろうか?」とか「昨年一年間にわが社のサービスに不満を感じて去っていった固定客はどれくらいだろう?」といった正解を知ることが難しい数値が欲しい場合があります。このようなときに仮説を立てながら、なるべくそれに近い数字を探っていこうという技術がフェルミ推定です。

 まずフェルミ推定をするにあたって、今回の心配事を定義してみましょう。

「よほどの症状が出ている人でないと新型コロナについて自治体がPCR検査をしてくれない。そのせいで厚生労働省が把握公表している1866人という感染者数(3月30日時点)という数字よりも多い感染者が世の中に存在しているように思える。また感染者の8割が軽症者で、なかには無症状の人もいる。そういった人が知らずに町を出歩いているはずだ。それが何人いて、町で自分と接触する危険性はどれくらいあると考えるべきなのか?」

 まあ、こんな感じでしょうか。そう定義するとこの問題は、あなたの回りにコロナ陽性だと知らずに出歩いている人が1万人いるのか1000人ぐらいなのか、それとも10万人いるのかがわかれば半ば解決することがわかります。そしてこれくらいのケタ数を探る場合にはフェルミ推定は有効な推論手法です。

感染者数を逆算してみる

 さて、公表されている感染者数が信用できない人でも、比較的信用してくれる数字がひとつあります。それは厚生労働省から公表されている新型コロナによる死亡者数です。日本の新型コロナでの死亡者数は54人(厚労省発表/3月30日時点)ですが、この数字は死後に検査をしたところコロナだと判明した人も入っていますから、より信頼度が高い数字だということは読者の皆さんにも共感していただけると思います。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ