京都産業大学、クラスター化の全貌、11府県に感染拡大…他大学でも前期授業休止の懸念の画像1
京都産業大学 HP」より

 人気タレント・笑福亭鶴瓶の母校、京都産業大学(京都市北区)が「大学初」ともいえる新型コロナウイルスのクラスター(感染者の集団)になってしまった。その瞬く間の広がりが恐ろしいばかりだ。そして大学の授業は今後、どうなるのか。

 京都市などの調査によると、京都産業大では4月1日午前0時時点で、学生27人の感染が判明したという。感染範囲は京都府をはじめ、大阪府、兵庫県、和歌山県、滋賀県、石川県、富山県、岡山県、愛媛県、香川県、徳島県の計11府県にまであっという間に広がった。春休みの時期とも重なっており、帰省先で感染が確認された学生も多いためだ。

 京都府では、3月31日に新たに合わせて13人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたが、このうち9人が京都産業大学の学生とその接触者とみられている。11府県で確認された京都産業大学の学生から始まったとみられる感染者は4月1日現在、合計42人になった。京都府の西脇隆俊知事は3月30日に開いた対策本部会議で、「クラスターの可能性が非常に高い感染が確認されており、予断を許さない状況」と危機感を見せていたが、その通りの事態になりつつある。

 経路を手繰るとやはり学生による「ウイルス輸入」だった可能性が濃厚。3月2日から13日までフランス、イギリス、スペインに卒業旅行していた同大学の男子学生4人のうち、3人が感染した。そのうち2人が3月22日にカラオケ店や居酒屋で開かれたサークルの懇親会に出席した。そこでさらに別の男女2人が感染した。

 さらに欧州旅行していた男子学生の1人が21日に行われたゼミの卒業祝賀会(送別会)に出席していた。そこでは31人が参加していたが、このうち男子7人、女子5人の計12人に感染した。このうちの1人と和歌山県主催のセミナーで一緒だった徳島県の男性も感染してしまう。加えて23日に行われた交流会に出席していた、京都府南部の井手町の職員5人が、新型コロナウイルスに感染していた。人口約7000人の同町では町役場の本庁舎を閉鎖し、消毒に追われ、町民のために別の場に臨時窓口を開くなど大わらわだった。この職員をはじめ、感染が判明した学生と交流のあった人にも感染が広がっている。

 滋賀県の三日月大造知事は3月31日、「京都産業大学の学生さんと濃厚接触していたと思われる女性が感染していたようです」と会見し、大津市内の20代の女子学生が京都産業大学のゼミの送別会に参加していたことを明らかにした。

構内への立ち入りを禁止

「大学クラスター」となってしまった疑いの強い京都産業大学の「お膝元」の京都市は、ほかの自治体とも連携して感染した学生の濃厚接触者について調査を進めている。京都産業大学では新学期の授業開始日を4月6日から5月11日に大幅に延期。さらに5月4日までキャンパス内への不要不急の立ち入りを原則禁止した。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ