「住みやすい沿線」みなとみらい線が1位の理由とは?東急目黒&東横線がトップ3の画像1
横浜駅全景(「Wikipedia」より)

 大東建託は、過去最大級の沿線ランキング「いい部屋ネット 街の住みここち沿線ランキング2019<首都圏版><関西版>」を発表した。これは、首都圏・関西の253沿線居住の12万5392名を対象に、居住満足度調査としては過去にない大規模な本格調査を実施、集計したものだ。本当に住みやすい沿線や街はどこか。また、それらに共通するポイントは何か。大東建託賃貸未来研究所所長・AI-DXラボの宗健氏に話を聞いた。

タワマンの多さが住みやすさに直結?

――首都圏版の調査結果についてうかがいます。まず、ランキング上位の沿線について教えてください。

宗健氏(以下、宗) トップ5は以下の通りです。

1.みなとみらい線(横浜~元町・中華街)

2.東急目黒線(目黒~多摩川)

3.東急東横線(渋谷~多摩川)

4.京王井の頭線(渋谷~吉祥寺)

5.JR中央線(中野~武蔵境)

 ランキング上位には、都心や横浜へのアクセスが良く、人気が高い東横線、井の頭線、中央線、東急田園都市線のほか、目黒線、東急世田谷線、横浜市営地下鉄ブルーラインの沿線も入っています。また、鉄道会社別にみると、いわゆる城南地区の東急5沿線がトップ10内にランクインしています。

「住みやすい沿線」みなとみらい線が1位の理由とは?東急目黒&東横線がトップ3の画像2
大東建託賃貸未来研究所所長・AI-DXラボの宗健氏

――みなとみらい線が1位になった理由はなんでしょうか。

 「住みたい街」としてよく挙げられる横浜のイメージと合致する結果となりました。また、タワーマンションが多いことも要因のひとつでしょう。住みここち調査のデータを分析すると、タワマンに住んでいる人は、生活の満足度や幸福度が高いことがわかっています。みなとみらい沿線はタワマンが多いので住みここちが良いという、シンプルな理由です。

――トップ5の沿線に共通している要素などはありますか。

 いずれの沿線でも居住者の所得が高い地域が含まれており、住んでいる人の属性が、ある程度均質であることが挙げられます。街の住みここちについては、タワマンやスーパーの有無などハードの問題よりも、住む人の属性の問題のほうが大きいと考えています。これは、首都圏だけではなく関西も同様です。

 政治的・社会的には、さまざまな階層の人たちが混ざり合って居住するソーシャル・ミックスが正しいのですが、実際には均質化する傾向にあります。アメリカも表向きはソーシャル・ミックスをうたいつつも、実際には階層と人種などによって居住地が異なる傾向があります。

――都心部についてはいかがでしょうか。

 今回の調査からは除外していますが、JR山手線の内側と千代田区・中央区・港区の都心3区の評価は非常に高くなっています。ただし、このエリアは駅が密集しており、全国的に見ても特殊なエリアと言えます。

――住みここちの良い沿線や街に共通していることはなんでしょうか。

 人口増加率が高いことが挙げられます。前提として、「人気がある」と「住みここちが良い」は違うと考えています。そして、「住みたい街」に人が集まるのではなく、認知度が低くても「住みここちが良い街」には人が集まってきます。

 たとえば、今回の調査では、ターミナル駅周辺の街の評価が高くはなく、ターミナル駅から少し離れた街の評価が高いことがわかりました。家賃相場や実際の住環境などを考慮した結果、「住みたい街」と「実際に住みやすい街」が違ってくるということでしょう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事