レナウン破綻、世界最大だったアパレル企業の転落劇…中国企業にのみ込まれ経営機能不全の画像1
「レナウン HP」より

 バブル期に世界最大のアパレルメーカーだったレナウンがコロナの谷を滑落した。債権者のレナウン子会社、レナウンエージェンシー(東京・江東区)が5月15日、民事再生法を申請。東京地裁に受理された。「自ら民事再生法申請をしたのではなく子会社(債権者)に申請されるという体たらくぶり。親会社、山東如意科技集団との調整がつかず、経営陣は主体的に動けなかった」(民事再生法に詳しい弁護士)。レナウン側から見れば「(子会社に)民事再生法を申し立てられた」ということになる。負債総額は138億7900万円だ。関係者によると、5月15日が支払期日の手形(合計)8700万円の決済ができなくなったためだという。

 1902年に大阪で繊維卸売業を始める。戦後のグループの創設者は尾上清氏。住友銀行の“ドン”磯田一郎氏と親しく交わり、レナウンのメインバンクは住友銀行だった(“倒産”時点でのメインバンクも三井住友銀行である)。

 磯田一郎頭取の娘、園子さんと2番目の夫、黒川洋氏を結びつけたキューピット役を尾上氏が演じたことで知られている。住友銀行・イトマン事件を取材している時に会ったレナウンの元役員(故人)がこう証言してくれた。

「レナウンの尾上さんと磯田さんは長い付き合いです。47(昭和22)年にレナウンを創立した時からメインバンクは住友銀行。2人は親友でしたね」

 黒川氏が設立したジャパンスコープは「表向きはファッション関係ですが、本当の設立目的は別だった」(同)。この取材で食い込んだ住友銀行の元役員は、「推量ですが」と断った上で、「(磯田、尾上の)2人の利益をプールする会社ではなかったのか。政治資金など、ここから出そうと考えていた」と解説してくれた。しかし、尾上氏はジャパンスコープが産声を上げた1カ月後に亡くなっている。住友クレジットサービスはジャパンスコープからノベルティを仕入れるようになり、アサヒビールにもノベルティを納入していた。アサヒビールの樋口廣太郎社長(当時)は元住銀副頭取で磯田派だった。

 尾上氏が亡くなったのは88年。日本医科大学付属病院で2月9日未明、肺炎で亡くなった。この時点でレナウングループは51社。売上の合計は4000億円。資本金はトータルで300億円。従業員は2万2000人を擁していた。ちなみに直近の2019年12月期(決算期を変更したため10カ月の変則決算)の売上高は502億円。2期連続となる純損失(67億円の赤字)を計上した。19年12月末時点の従業員数は905人である。

尾上氏、イコール、レナウンの時代

 尾上氏にはいくつものエピソードが残っている。1961年、「これからはテレビの時代だ」とテレビ番組の提供スポンサーになることを指示。小林亜星氏作曲の「ワンサカ娘」が誕生。一世を風靡した。67年、NETテレビ(現テレビ朝日)系で「日曜洋画劇場」のスポンサーとなる。映画評論家、淀川長治氏の解説が秀逸だった。テレビCM「イエイエ」がACC(全日本CM協議会)でグランプリを受賞した。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ