「総理のお言葉伝えるべき」発言の三原じゅん子議員、ネット中傷対策検討PT座長に就任の画像1
三原じゅん子氏公式サイトより

 米動画配信大手・Netflixやフジテレビなどが放送する恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラー木村花さん(享年22歳)が急逝したことを受け、SNSなどインターネット上での誹謗中傷の規制を強化する議論が過熱している。自民党も26日、ネット上の中傷や権利侵害への対策を検討するプロジェクトチーム(PT)を発足した。

 ところが、このPTの座長に就任したのは、これまでネット上のさまざまな発言で物議を醸してきた同党参議院議員の三原じゅん子氏(無派閥、神奈川県選挙区)だった。規制論議は、「自由な批評や批判、風刺」と「誹謗中傷」を線引きするという非常にセンシティブなテーマを抱えており、今回の政府与党の采配にネット上はざわついている。

三原氏「批判と誹謗中傷は違う」

 三原氏は25日、自身の公式Twitterアカウントに次のように投稿した。

「政治家として #批判(物事に検討を加え、判定・評価する事)は甘んじて受け止めますが、#誹謗中傷(他人への悪口、罵声等により名誉を毀損する事)は違います。付け加えるなら法的場面では誹謗中傷そのものではなくその結果としての名誉毀損、侮辱、信用毀損、業務妨害が罪に問われることになります。」(原文ママ、以下同)

 そして26日には、次のように投稿した。

「何度も書いていますが、批判と誹謗中傷の違いを皆さんにまず理解して頂く事が大切。

 まして政治批判とは検討を加え判定・評価する事です。何の問題も無い。ご安心を。しかし、政治家であれ著名人であれ、批判でなく口汚い言葉での人格否定や人権侵害は許されるものでは無いですよね」

 つまり「政治家であるかぎり、批判は受け入れる。ただし、法的場面での誹謗中傷は罰する」という主旨だ。だが今、議論の焦点になっているのは「何が誹謗中傷にあたるのか」「批判とは何か」という法律的な定義や規制を、誰が、どのように決めるのかという点だ。Twitter上では三原氏や自民党の方針に対して、次のような声が上がっている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ