自宅の不要な荷物を1箱250円(税別、注記がない限り以下同)から預かってくれる収納サービスサマリーポケット」。

 登録から集荷依頼など基本的なやりとりをすべてスマホで行え、荷物を預けた後に中身の品を運営側が撮影してくれるため、何を預けているかをスマホでいつでも写真確認できるというのがウリだ。スマホで管理できるお手軽さと便利さで人気を博し、この春からはつるの剛士が出演するテレビCMも放映されており、ますます認知度を高めている。

 事実、サマリーポケットはサービスを開始した2016年以降、年平均成長率300%を達成。年々利用者を増やし続け、急成長中なのだ。今回は、そんなサマリーポケットの成長の秘密を解き明かすため、ライターである筆者が実際にサービスを利用してみることに。サマリーポケットの使用体験を忌憚なくレポートしたい。

スマホで簡単操作、用途に合わせてプランとボックスを選択

 ではレポートしていこう。まずはサマリーポケットのアプリをインストールし、最初にプランやボックス数を選択。その後、新規会員登録の手続きを行う。

1箱250円~で話題の収納サービス「サマリーポケット」、使ってわかった“難点”の画像1
アプリをインストールするとすぐにボックス選択の画面へ

「スタンダードプラン」「エコノミープラン」「ブックスプラン」が用意されており、どのプランのどのボックスを利用するかによって月額料金が変わってくる。

「スタンダードプラン」はボックスが3種あり、「レギュラーボックス」と「アパレルボックス」が1箱月額300円、「ラージボックス」が500円。「エコノミープラン」の場合はボックスが2種。「レギュラーボックス」が1箱月額250円、「ラージボックス」は400円。「ブックスプラン」ならボックスは1種で、1箱月額400円で利用可能だ。

「スタンダードプラン」は1箱につき30点までならアイテムを1点ずつ写真撮影してくれ、取り出しも1点から可能。サマリーポケットで最も需要があるのがこちらのプランのようなので、「スタンダードプラン」の「レギュラー」「アパレル」「ラージ」の3種類を1箱ずつ注文することに。

 ちなみに「エコノミープラン」はボックス単位で管理してくれるプランで、サマリーポケットが謳う“1箱月250円から”は、この「エコノミープラン」の最安値を指しているようだ。安く、大量に荷物を預けたい方は「エコノミープラン」が最適だろう。そして「ブックスプラン」はその名の通り、本の管理に特化したプラン。本の表紙やタイトルも1点ずつデータ化してくれるというものだ。

2日後にボックスが到着、荷物を詰め終わったら集荷指定

1箱250円~で話題の収納サービス「サマリーポケット」、使ってわかった“難点”の画像2
3箱注文すると、結構大きい

 注文から2日後、ボックスが到着。ここまではかなりスムーズだ。折りたたまれていたボックスを組み立て、それぞれに預けたい荷物を詰めていく。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ