「要請するなら補償しろ」とのメッセージを掲げるデモ隊
「要請するなら補償しろ」とのメッセージを掲げるデモ隊

 日本に住むほとんどの人は今、「空前絶後」の政府の対応の遅さにあきれ怒っていることだろう。

 新型コロナウイルス感染症の発症者が国内で公式に発表された1月16日から5カ月。一世帯に2枚配布されるはずのマスクがようやくほぼ全世帯に行き渡ったが、一律10万円の給付はおろか、いまだに申請書すら届いていない家庭も多い。

 もはや自力では這い上がれない人が圧倒的に多くいる状況で、外出自粛を実質強制されていた4月12日から、「補償せよデモ」が続いている。

 コロナ大不況と生活苦をもたらしている元凶は「補償なき自粛要請」。その核心を追及するデモにもかかわらず、テレビなどの大手メディアはこれまでの4回の行動を伝えてこなかった。

 しかし、コロナの影響で失業したり窮地に陥った人々は、引き続き声をあげている。5月31日の日曜日、第5弾のデモが渋谷ハチ公前広場から出発した。呼びかけたのは、4月上旬に働いていたキャバクラが休業になり職を失ったヒミコさんや、コロナでバイトを失った現役男子大学生ら。そのヒミコさんが言う。

「デモを呼び掛けたのは、私自身の生活苦から。でも、こうなったのはコロナだけのせいじゃないです。そもそも、ちょっと休業しただけで転がり落ちたら這い上がれないのは、貯蓄がないから。なぜ貯蓄がないのか。それは非正規労働者だから。

 非正規労働者や貧困者を増やした政治がおかしい。時給1000円の仕事を選ぶか、時給1100円の仕事を選ぶかの自由しか私たちには与えられてない」

安倍首相に抗議の声を上げる主催者のヒミコさん(中央)
安倍首相に抗議の声を上げる主催者のヒミコさん(中央)

施設を使わせないのに「施設費」を徴収する大学

 美術大学に通う学生も参加し、マイクをとって発言した。

「オンライン授業といっても美術大学の場合は難しい。たとえば彫刻の材料は学内にあるし、どうやって実習をやれというのか。普通の大学より美術大学の学費は高く、年間150万円くらいは普通。そのうち実習費や施設費を30万円もとられています。やりもしない実習の費用を返してほしい」

 別の大学生も、「学生に特別支援するというが、全員が受けられるわけではありません。僕も申請を出しましたが、ものすごく複雑でどうなるかわかりません。実際に給付を受け取れる学生は1割の可能性という報道もあります」と、実際に申請した感想をもらず。

 学生団体によるアンケート調査では、親の収入源やアルバイトを失ったことで学業どころか生活すらできず、5人に1人が退学を考えているほどだ。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合