「ご遠慮願いたい」…東京から観光客来てほしい?各県担当者に聞いてみえた複雑な本音の画像1
「Go To Travelキャンペーン」公式ホームページより

 東京では新型コロナウイルスの感染者が、7月7日まで6日連続で100人を超え、7月9日には200人を超えた。小池百合子都知事は7月4日、「不要不急の他県への移動はご遠慮いただきたい」と都民に呼びかけた。西村康稔経済再生担当相は7日の記者会見で、小池氏に「これまで通り県と県の間の移動は自由」と電話で伝え理解を得たことを明らかにした。

 全国では、東京での感染者増加をどう見ているのか。東京からの観光客に来てほしいか、遠慮してほしいか、各地の観光協会などに聞いた。

 鳥取市観光コンベンション協会の担当者は言う。

「内心は来てほしいんですけども、鳥取市ではたとえば7月2日に感染が確認された男性が、6月19日から3日間、東京を訪れていることがわかっています。観光については今は、鳥取県内の人々を対象に取り組んでいるのが実情です。中国地方には交流を広げていこうかということを県としては言っていますけど、それ以外の地域にはまだご遠慮願いたいという方針です」

 観光客への呼びかけをまだ限定しているというのは、大阪観光局も同じだ。

「基本的には、東京から来てほしくないというわけじゃないです。だけど本格的な全国移動というのは観光部分では7月いっぱいは△だと思います。今は関西圏からの集客ということでやっています。全国に呼びかけるのは、8月のGo Toキャンペーンが始まるというタイミングで想定しています。今月に関してはそんなには東京の方は求めていないんですけど、本格的に始まったら、別に東京の方がどうのこうのって言うつもりもないので、感染拡大防止にご注意いただきながらということになると思います」

 おかやま観光コンベンション協会の担当者は、東京からの観光客について言う。

「個人的には、ぶっちゃけ×のほうですね。新型コロナが収まれば、ぜひ来ていただきたいんですけども……。状況的には、温度差があるような気がするんですよ。東京の状況は数字しかわからないので、判断には苦慮するような状況です。東京の方がいらして、感染が広がるということも考えられるので、今はちょっと控えたいところではあります。うちのほうも各施設で感染対策予防はしているので、来るなとも言えないですけど……。これからGoToキャンペーンが始まりますし、経済活性化しようという時に、来るなというのもちょっと違う気がするんですけどね」

「来ないでくださいということは申し上げていません」

 東京と接している、神奈川県はどうなのだろうか。県の観光企画課の担当者は語る。

「県としては今、観光施策をどうしているかというと、神奈川県民に対して神奈川県内を観光してくださいという案内をしているんですね。ですけど6月19日以降、県境を越えて移動をするということの自粛が解除されています。それでも、今の段階では積極的に、東京に限らず県外、もしくは国外から観光客を誘致するっていう施策は今、取っていないんです。ですけど自粛要請は解除されてますから、いらっしゃる方はいらっしゃると思うんです。そうした方々に、来ないでくださいということは申し上げていません。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ