就活の新常識「オンライン面接」で失敗しない9つの注意点…Zoom録画でリハーサルをの画像1
「Getty Images」より

 6月に入り、2021年春に卒業予定の学生たちの就職活動が本格化している。しかし、今年は多くの企業が新型コロナウイルスの流行を踏まえて採用活動の方向を転換させているため、突如、就活のスタンダードは崩壊した。特に学生たちに直接的な影響を及ぼしているのが、従来の対面面接からオンライン面接に変更した企業が多いことだろう。

 トヨタ自動車やホンダ、パナソニックといった大手企業も、面接についてはオンライン面接による選考のみで採用内定を出すと表明しており、自身を存分にアピールできないのではないかと不安を募らせる学生も多いはずだ。

 しかし、今後さらに普及していくであろうオンラインでの営業や商談、打ち合わせでも能力を発揮できる人材を選別できるという点で、企業側にとってはメリットもあるのだろう。となると、面接を受ける側がオンラインでのアピール力を磨く方向にシフトするしかない。

 そこで今回は、人材育成やキャリアコンサルティングなど、キャリアに関わる支援も行うWadachiLab.代表の福島知加氏に、オンライン面接で必要な事前準備やテクニックについて聞いた。

Wi-Fi環境や部屋の照明などは事前に万全にしておく

 就活生の大きな不安の種となっているオンライン面接だが、福島氏いわく実はメリットも多いという。

「まず、経済的な面。対面の面接だと移動費がかかります。特に地方の学生が遠方の企業の面接を受けるとなると、渡航費や宿泊費で10万円、20万円とかかってしまうこともあります。しかし、オンライン面接であれば移動費はゼロ。実際、私がかかわっている沖縄在住の学生たちからは、オンライン面接のおかげで経済的にかなり助けられているという声が挙がっていますね。

 また、例年の就活生は多忙なスケジュールのなか就職活動をしていますが、オンライン面接であれば移動時間がかからないので、すぐに次の面接や説明会に参加できるのもメリットでしょう。効率的にアポイントを取っていけるというわけです」(福島氏)

 例年の就活生のなかには経済面やスケジュールの都合で、受けてみたかった企業を泣く泣く諦めたという人も多かったはずだ。オンライン面接が活用されれば移動費や移動時間の負担が軽減されるので、悔いなく就職活動を終えられる学生も増えるのかもしれない。

 だが、対面の面接を練習してきたところに急遽オンライン面接に変わったことで、評価を落としてしまうタイプもいるのではないだろうか。

「基本的にはオンラインと対面、どちらの面接であっても評価が大きく変わることはないと思います。しかし、対面は苦手でもオンライン面接であれば緊張せずに話せるという人や、対面は得意でもオンラインをうまく使いこなせず、手間取ってしまう人もいます。ですから多少の得意・不得意が間接的に評価に影響してくることはあるでしょう」(福島氏)

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ