ワークマン史上最強…売切続出「イージスボトル」、炎天下で数時間でも“キンキン冷え”の画像1
ワークマン HP」より

 梅雨が明け、いよいよ夏本番。耐えがたい暑さのなか、今年はマスクをつけて外出せねばならないとなると、例年以上に水分補給に気を配る必要があるだろう。そんななか、ワークマンの「イージスボトル 真空保冷ペットボトルホルダー」がネットを中心に大きな反響を呼んでいるのをご存知だろうか。

 ワークマンといえば近年、建設現場で働く職人向けのブランドという往年のイメージを新業態「ワークマンプラス」によって刷新。一般向けのアウトドアウェアやスポーツウェアの展開にも注力し、消費者層の拡大に成功したことでも話題だ。

 そんなワークマンのイージスボトルは2019年に発売された、真空断熱構造になっているペットボトルボトルホルダー。この商品はSNSでたちまち拡散され、即完売。伝説の商品と化したのだった。余談だが「イージス」とはワークマンのPB(プライベートブランド)である。

 そして今年、その争奪戦が再燃。同商品が4月にオンラインストアで再販されると夏を待たずに完売し、6月中旬に再入荷しても即完売。7月中旬現在、入荷の予定はないそうで入手困難な状態が続いているというのである。

幸運にもゲットできたユーザーたちからは称賛の声が続々

 ワークマン広報いわく「これまでのワークマンの商品で最も反響があった」というこの商品。運良く入手することができたユーザーたちは、その使い心地について、嬉々としてレビューしている。

「朝入れたお茶が冷たいままだわ。持ち歩くには少しデカイけど便利だわ」

「1時間以上経っても冷たい!! かなりの優れモノ」

「ワークマンのペットボトルホルダーにモンスターぶち込んでストローぶっ刺したんだけど超いい」

「炎天下においてたのにキンキンに冷えたままやった」

「保温も大丈夫だった 便利〜♪」

「飲料がずっと『つめた〜い』『あたたか〜い』です」

 こういったSNSの口コミを見る限り、その保冷力と保温力を賞賛する声が後を絶たない。

専門家の批評――990円の低価格を感じさせない機能性

 では、ファッションアナリストの山田耕史氏にこの商品の使い心地や機能性を評価してもらった。

 イージスボトルは、シンプルなシルバーと幻想的な柄がプリントされたグリーンの2デザイン展開だ。まずこのデザインについて山田氏はこう評する。

「シルバーは『イージス』ロゴのみのシンプルなデザインです。ウェアやグッズなどとの相性が気になる場合は圧倒的にシルバーがオススメ。アウトドアだけでなく、バイクや釣りといったさまざまなアクティブシーン、またどんなインテリアと合わせても違和感はまず生まれないと思います。

 一方でグリーンはロゴに加え、万華鏡のようなグラフィックがプリントされた特徴的なデザインです。他のアイテムとコーディネートする場合、違和感が生まれる可能性が高くなってしまうでしょう」(山田氏)

関連記事