NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

美女お持ち帰り報道の石田純一が陥った「反復強迫」…コロナ入院&離婚危機でも行動変えず

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

美女お持ち帰り報道の石田純一が陥った「反復強迫」…コロナ入院&離婚危機でも行動変えずの画像1
東尾理子さんの公式ブログより

 俳優の石田純一さんが、福岡でシャンパン一気飲みと美女“お持ち帰り”をしていたと「週刊女性PRIME」(8日3日配信)で報じられた。石田さんは、バーを出た後、スポンサーの社長宅でシャンパンを3杯一気飲みし、25歳だというスレンダー系美女を宿泊先のホテルに“お持ち帰り”したという。

 そのホテルで2人がどんなふうに過ごしたのかは、推測するしかない。一緒にお酒を飲みながらお話していただけかもしれないし、DVDを鑑賞していただけかもしれない。だが、「不倫は文化」という名言で有名な石田さんだけに、男女の関係があったのではないかと“げすの勘ぐり”をせずにはいられない。

 そもそも、石田さんは、緊急事態宣言が出ていた4月に沖縄まで行ってゴルフをし、その後、新型コロナウイルスによる肺炎で入院したことで、激しい批判を浴びたはずだ。退院後も快気祝いと称して飲み歩いていたと報じられ、批判が殺到した。その影響もあってか、テレビのレギュラー番組を降板する羽目になったのに、自身の行動パターンをまったく変えていないように見える。

 いや、行動パターンを変える気がなさそうな印象を受ける。なぜかといえば、「週刊女性」の直撃取材に次のように答えているからだ。

「スポンサーさんに誘われたら、ゴルフでも、“3密”と言われている食事会でも、そりゃ行くでしょ。北海道でも、福岡でも。それが僕の結論です。それを叩かれたって大いにけっこう」

 これは開き直りに聞こえなくもない。それに拍車をかけているように見えるのが、「1度(コロナに)なっているからこそ、自分はならないらしいですよ。2回も罹るのは1%くらいです」という言葉に表れている妙な自信である。

 たしかに、コロナに1度感染して抗体ができると、それがしばらく持続するので、感染リスクは大幅に低下する。だから、石田さんの主張は必ずしも間違いではないが、飲み会に参加していた他の人たちは違う。感染者が急増しており、感染拡大を防ぐために行動変容が呼びかけられている現状について石田さんは一体どう考えているのだろうか。

「反復強迫」

 驚くことに、妻の東尾理子さんの再三の説得にも応じず、4月の沖縄行きを強行したせいで、「『価値観が合わない』くらいに言われました。それこそ離婚じゃないですけど、そういうところまでいきました」(『直撃LIVE グッディ!』フジテレビ系)と打ち明けているにもかかわらず、石田さんは行動パターンを変えようとしない。

 妻との関係が悪化すれば、少しは懲りて行動を改めるのが世の多くの夫ではないかと私は思うが、石田さんは違うようだ。このように行動パターンを変えないと、「2度あることは3度ある」ということわざ通りになりかねない。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ