NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

安倍首相罹患の潰瘍性大腸炎、悪化すると大腸全摘出も…「ストレス」の恐ろしさ

文=石原結實/イシハラクリニック院長、医学博士
【この記事のキーワード】

, ,

安倍首相罹患の潰瘍性大腸炎、悪化すると大腸全摘出も…「ストレス」の恐ろしさの画像1
首相官邸のHPより

 8月28日、安倍晋三首相が退陣を表明された。2007(平成19)年の第一次安倍政権の退陣時と同じく「潰瘍性大腸炎」の悪化が理由である。

 2012(平成24)年12月に発足した第二次安倍政権は、2008(平成20)年のリーマンショック以来のデフレでどん底にあった日本の経済状態(株価)を、「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「企業の成長戦略」という3本の矢、「アベノミクス」を掲げて急速に回復させ、戦後2番目に長い「71カ月」もの景気拡大期をもたらした。これまでの内閣がやりたくてもやれなかった「集団的自衛権を容認する憲法解釈変更」「特定秘密保護法制定」のほか、「インバウンド需要の創出:外国人旅行者の4倍増」「外国人労働者の受け入れ増加」などを果断に実行に移した。

 また、米国のトランプ大統領との親密さは知られているが、であるが、欧州やアジア諸国の首脳からも信頼され、G7他の会合でも国際社会の中心に立つことができた「日本で初めての総理」といってもよい。

「北朝鮮による日本人拉致」「北方領土問題」の解決や「憲法改正」の悲願は、潰瘍性大腸炎の再発によって断たれた。まさに「断腸の思い」であられただろう。

 潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に炎症が起こってただれ、びらんや潰瘍が起こる病気で、症状は、

(1)下血を伴う軟便や下痢

(2)腹痛

などで、一日に何度もトイレに駆け込むような人もいる。重症化すると「発熱」「体重減少」「貧血」が起きることもある。厚生労働省が指定する「難病」で、現在日本には約22万人の患者がいるとされる。とはいっても発病率は米国の半分以下。原因は不明とされるが、

(1)食生活の欧米化

(2)腸内細菌叢の変化(善玉菌の減少、悪玉菌の増加)

(3)免疫の異常

などの関与が挙げられている。しかし、その発症、悪化、再発には「ストレス」が大いに関係していることは、すべての専門家が認めるところである。安倍首相の持病の悪化も、半年以上も続く「コロナウイルス禍」への対応によるストレスが起因になったのは想像に難くない。治療としては、以下のとおり。

(1)5-ASA(アミノサリチル酸)薬の経口または直腸投与

「サラゾピリン」(サラゾスルファピリジン)は、大部分が小腸で吸収されてしまい、有効成分を大腸まで十分に届けることができない。この点を改善してつくられた薬が、「ペンタサ」や「アサコール」(メサラジン)である。

「5-ASA」による十分な効果がない場合、以下などが使用される。

(2)副腎皮質ステロイド剤の「プレドニン」(経口摂取または静脈注射)

(3)免疫抑制剤(アザチオプリン=イムラン)の経口投与

(4)抗TNFα受容体拮抗薬(インフリキシマブ=レミケード、アダリムマブ=ヒュミラ)の注射

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ