NEW
高橋暁子「ITなんかに負けない」

大学構内に入れず一日中、家でネット授業…コロナで大学生の絶望、4人に1人が休学検討

文=高橋暁子/ITジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

大学構内に入れず一日中、家でネット授業…コロナで大学生の絶望、4人に1人が休学検討の画像1
「Getty Images」より

「せっかく受験勉強をして合格したのに、オンライン授業のみで大学に行けない」とある大学1年生は言う。「学友は一人もいず、不安を相談できる相手もいない」

 彼は入学したばかりで学内に友達がいず、高校時代の友達とやり取りをすることが多い。Twitterで同じ大学の人をフォローしているのでやり取りがなくはないが、会ったこともなく親しいわけではない。

「運動系のサークルに入るつもりだったけど、オンラインしか情報がないし活動も禁止されている。なんのために大学に入ったんだろうと思ってしまう」

 大学生のこのような実態をご存知だろうか。コロナ禍で多くの学校が休校となったが、小中高校や会社は始まったのに大学だけが始まらず、大学生が苦境に陥っている。その結果、心身に不調が現れている学生もいる。大学生と大学院生を対象とした秋田大学の「秋田大学 学生のこころとからだの調査」(8月)によると、女性の11.5%、男性の10.3%で、中等症のレベル以上のうつの症状が見られたという。

 静岡県立大学短期大学部「コロナウイルス感染症の学生生活への影響について」(5月)によると、学業への不安は全体的に高く、「予定通り資格や免許が取得できるのか」「きちんと授業や実習が実施されるのか」「就職活動はできるか」などは特に高めとなっている。さらに、「自分の心の調子が悪くならないか(もう悪くなっている場合を含む)」に対して「非常に不安」「不安」「少しだけ不安」と答えた学生は合わせて約55%に上っている。

 大学生の苦境は、いくつかの原因によるものだ。まず、オンライン授業のみで必要な実験や実技、実習などができず、学びの質が担保されていないという点は大きい。この結果十分に学べず、就活などにも影響が出ることを不安に思う学生は多いのだ。ここに、設備が使えないのに学費が変わらないとか、大学だけ再開しないことなどが重なって不満につながっている。

 そしてもう一つ、学友に会えず人間関係がつくれない、誰とも会えないという点も大きい。「学内には一度しか入ったことがない。一人暮らしで実家にも帰れず、一日中誰とも話さず、オンライン授業でパソコンの前にいるだけで苦しい。LINEなどで高校時代の友達とやり取りするのが救い」と彼はいう。

 立命館大学新聞社の調査によると、「現在、秋学期以降の休学を考えていますか」という質問に対して、「本格的に考えている」(5.4%)、「どうするか考えている」(20.2%)と、合わせて4人に1人が休学を考えているという。学生にとって、大学に行く意味が感じられない状態となってしまっているのだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ