NEW

GU、“ジジ臭さ”全開の危険ある“買ってはいけない商品”5選…ジャケット、シェフパンツ

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」 from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

GU、“ジジ臭さ”全開の危険ある“買ってはいけない商品”5選…ジャケット、シェフパンツの画像1
GUの店舗(「wikipedia」より/わたらせみずほ)

「ユニクロ」と同じくファーストリテイリングが運営する「GU(ジーユー)」は、マストレンドを捉えたファッション感度の高いアイテムや、圧倒的なリーズナブルさで、人気を獲得しているブランド。

 初出店は2006年で、現在は441店舗(2020年5月31日現在)を展開。登場から数年は“ユニクロの劣化版”といったネガティブイメージが先行していたが、その後、若者を中心にブームとなり、現在はトレンドを押さえたリーズナブルブランドとして定着している。コロナ禍では苦境に陥ったアパレルブランドが多いなか、GUはSNS発信などを積極的に行い、コロナ以前よりもネット通販での売上が約4倍になったアイテムもあったそうだ。

 しかし、GU服は積極的にトレンドを取り入れているがゆえに、着こなしが難しい服や、若者でないと似合わない服も少なくない。そこで今回はGUの秋アイテムで、おすすめできない服をセレクト。「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が「この秋、買ってはいけないGUの服5選」を選び、恋愛コラムニストで10年以上のファッションライター経験もある堺屋大地氏に、おすすめできない理由を解説してもらった。

 今回、以下の3つを基準として選定した。

・ファッションビギナーが着るとダサくなる可能性が高いこと

・“最先端のおしゃれ”すぎて一般ウケしない場合があること

・無理に若ぶっているように見えるなどして女子ウケが悪いこと

テーラードジャケット(グレンチェック)/4990円(税別、以下同)

 全体にグレンチェック柄が施されたテーラードジャケットで、フォーマルな場などに似合いそうなトラッドな雰囲気を演出。ラペルがやや幅広になっており、シックかつモダンなデザインとなっている。カラーバリエーション(カラバリ)はダークグレー、ベージュの2色展開。

「グレンチェックのジャケットは、若者が着ると“一周回ってレトロでおしゃれ”になると思いますが、普段あまりファッションに興味がない30代、40代が着ると、“ジジ臭さ”が出てしまいがち。また、デザイン自体はきれいめなんですが、個人的な意見を言わせていただくと、決して高級な生地を使っているわけではないので、フォーマルな場に着ていくのも躊躇してしまいますね」(堺屋氏)

カットソージャケット(チドリ)/4990円

 適度に厚みのあるカットソー素材を使用しながらも、トラッドな雰囲気を演出しているジャケット。カラバリはグレー、ネイビーの2色展開。

関連記事