NEW
丸谷健太「だからゲームがやめられない」

「スーパーマリオブラザーズ35」が白熱して仕方ない…35人対戦バトルロイヤル!

文=丸谷健太/ライター

(おそらく)世界で最も知名度の高いテレビゲーム、『スーパーマリオブラザーズ』がシリーズ35周年の節目に装いも新たに復活! ここ数年で一大ジャンルとなったバトルロイヤルゲームのエッセンスを取り入れた『スーパーマリオブラザーズ 35』として、現在Nintendo Switch Online専用タイトルとして、無料配信中だ。今回はそんな35人のマリオ=プレイヤーたちがしのぎを削る、新しい『スーパーマリオブラザーズ』の世界を紹介したい。

1985年のコースと2020年のゲームシステムが融合して生まれた新しい『スーパーマリオ』

 本作『スーパーマリオブラザーズ 35』は、35人のプレイヤーが同時に初代『スーパーマリオブラザーズ』をスタート、最後のひとりになるまでを競うゲーム。パッと見のゲーム画面、ダッシュやジャンプといったアクションを駆使してマリオを操作する感覚などはファミコン時代の『スーパーマリオブラザーズ』とほぼ同じで、当時を知っている人なら一瞬でなじめるほど。しかしゲームシステムには白熱した対戦ゲームとして成立させるために用意された要素が多数盛り込まれているのが特徴になっている。

「スーパーマリオブラザーズ35」が白熱して仕方ない…35人対戦バトルロイヤル!の画像1
『スーパーマリオブラザーズ 35』の基本的なゲーム画面。中央に自分がプレイしている様子が表示され、周囲にはほかの34人のプレイヤーの状況が表示される

 まず、各コースの構成(パワーアップアイテムやコインが置かれている場所、どこに穴があって落ちたら死ぬのかなど)は初代『スーパーマリオブラザーズ』が踏襲されているが、どのコースが登場するかは35人の参加者の投票によって決まるため、コースを攻略する順序はほぼ毎回ランダムで決定される。

 そしてそれ以上にインパクトがあるのが、プレイが進行していくことで画面に出現する敵、クリボーやノコノコなどが画面を埋め尽くす勢いで増えていくことだ。これは本作では各プレイヤーが倒した敵は、別のプレイヤーのコースに送り込まれるというルールが設定されているため。そのため本作ではただコースを進んで生き残るだけでなく、自分のコースに送り込まれた敵を返り討ちにして他のプレイヤーのもとにも敵を出現させる、“おくりあいバトル” を制することが重要になってくる。

 ゲームの操作やルールは誰が触っても一瞬でわかるレベルでシンプルにまとめられているが、実際にプレイしてみると、これまでにない『スーパーマリオ』を遊んでいるような感覚が味わえる……遊びやすさと新鮮さが融合されていて楽しくプレイできるのが、本作が持つ、まず大きな魅力だ。

「スーパーマリオブラザーズ35」が白熱して仕方ない…35人対戦バトルロイヤル!の画像2
コースそのものの構成は初代『スーパーマリオブラザーズ』と同じ。しかし敵を倒すことで残り時間が増えたり、コインを集めることでアイテムルーレットが回せるなど、バトルロイヤルを盛り上げるためのしかけが施されている
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合