NEW
映画『無頼』公開記念インタビュー

井筒和幸監督が問題作『無頼』の舞台裏と映画人生を語った!「抗った後どう生きるか。それが生涯のテーマ」

取材・文=長野辰次
【この記事のキーワード】

, , ,

井筒和幸監督
8年ぶりとなる新作『無頼』を撮り上げた井筒和幸監督。

 日本の戦後史をアウトローの視点から描いた異色の大作映画『無頼』が劇場公開された。『パッチギ!』(05)や『ヒーローショー』(10)などで知られる井筒和幸監督の最新作だ。無頼の徒である主人公(EXILE・松本利夫)は裏社会を生き抜き、やがて時代の変遷と共に、金融界、政界、宗教界と関わっていくことになる。上映時間146分になる大作に仕上げた井筒監督が、『無頼』の制作過程と自身の映画史を振り返った。

――8年ぶりの新作『無頼』がようやく公開されますが、前作『黄金を抱いて翔べ』(12)もメガバンク本店に眠る金塊を盗み出そうとする男たちを描いた犯罪映画で面白かったです。

井筒 虚無主義者たち、言ってみればアナーキストたちの物語だったわけだ。原作は高村薫さんの伝説の小説で、高村さんも映画化に大賛成してくれた。朝鮮から来たスパイや公安も出てきて、まとめるのは大変だったけど。時代を撃つ、そんな映画を撮ったつもりだよ。『ガキ帝国』(81)から僕が一貫して撮ってきたのは、社会からあぶれてしまった寄るべなき者たち。要は「お前らは、この社会からは無用だ」と烙印を押された人たちです。それは僕自身も無用者だと感じていたし、国家や体制に貢献する人間にはなりたくなかったからなんだよ。

――そんな井筒監督が、選んだのが映画業界だった。

井筒 高校を卒業してからは、実は一生遊んで暮らせる方法はないかなぁとずっと考えてたのよ(笑)。遊んで暮らす、というのが僕のテーマだった。なんで人間は社会に身体と時間を切り売りしなければならないのか。体制や権力に抗うのはいいけど、抗った後をどう生きるか、だったね。一生、抗い続けることはできないから。それで考えたのが、物書きだった。万年筆が一本あればいいわけだから、とりあえず万年筆だけ買った(笑)。まぁ、今でいえばエッセイや評論みたいなものを書いて食べていければいいな、と考えたんです。

――「明るい悩み相談室」で人気を博した中島らもさんみたいな?

井筒 まあ、そうか。らもと僕は同い年(1952年生まれ)です。でも、彼は真面目だった。ちゃんと広告代理店に就職して、プロのコピーライターとして最初は働いていたわけだからね。僕は会社に就職する気はなかった。といっても、物書きで食べていくのも容易じゃない。自分で「物書きです」と名乗っても、すぐ書けるわけもなく、ミニコミ誌で書かせてもらうくらいでした。

――そこで、ピンク映画『行く行くマイトガイ 性春の悶々』(75)で監督デビューすることに。

井筒 原稿用紙に書くなんてまどろっこしいことよりも、フィルムに撮って、映画にしたほうが力があるかと。カメラとフィルムを使った高価な遊びです。それが今でもずっと続いてるわけだ。

映画『無頼』のワンシーン
映画『無頼』より。井藤正治(松本利夫)は裏社会でのし上がっていく。

いつの時代も、社会からはみ出す人たちは必ずいる

――新作『無頼』は、アウトローの視点から戦後の昭和史を描いた大河ドラマ。

井筒 『無頼』で描きたかったのは「欲望の昭和史」「欲望の資本主義」です。「アウトローの真髄とは?」とか、そういうことはどーでもええんです。

――社会がシステム化されればされるほど、そこからはみ出してしまう人間がどうしようもなく出てしまう。『無頼』を観ていると、そんなことを感じさせます。

井筒 いくら高度経済社会が進んでも、本当の豊かな社会にはなれないということだよ。必ず差別される人、はみ出してしまう人たちが出てくる。部落差別とか在日差別とかを、中学くらいからずっと見てきた。そこから『岸和田少年愚連隊』(96)や『パッチギ!』(04)が生まれた。『無頼』はその集大成でもあるわけよ。

――井筒作品の集大成『無頼』に主演したのが、EXILEの松本利夫というのは意外です。

井筒 そのへんの適当なイケメンを起用する気にはなれなかった。松本くんはイケメンじゃないでしょ(笑)。素は真面目な好青年ですよ。青年ちゃうな、好中年か。心の解放を求めて、ずっとダンスしてきたそうだからね。髪はパンチパーマにしようかなとも思ったけど、田舎くさくなるなと思ってパンチは止めました(笑)。

――ヒロインは柳ゆり菜。『純平、考え直せ』(18)に続いて、ヤクザに惚れてしまう堅気の女性役。

井筒 彼女はいいねぇ! もっと、クローズアップされていいんじゃない? 顔も体型も昭和っぽい感じがして、昭和を見つめ直す作品にはぴったりだ。彼女はオーディション。書類も含めたら、3000人くらいオーディションしたよ。顔は大事。今どきの平成顔はあかん。しみじみしてないんだよ、平成顔は。もっと風雪に耐えた顔じゃないと。「カワイイ」とか、何ぬかしとんるんやと。木下ほうか、ラサール石井、升毅くんらは違うけど、3000人のオーディションの中から絞った400人くらいに出てもらってるよ。

――『黄金を抱いて翔べ』から『無頼』まで、8年。それだけ準備に時間がかかった?

井筒 実は沖縄の戦後史を描いた作品を考えていて、その取材にかなり時間を費やした。沖縄のヤクザの視点から描けば、これまでの日本の戦後史とは違うものが見えるかなと。これは『仁義なき戦い』(73)の脚本家・笠原和夫さんも考えて、映画にはならなかったけど脚本(『沖縄進撃作戦』)は残していた。沖縄に行って、沖縄の元マル暴の刑事さんから話を聞いたりもしていたんだけど、製作には至らなかった。それで、一からまたやくざ社会の資料を読み直したり、ヤクザ史をよく知るジャーナリストたちから話を聞いたりして、『無頼』に行きついたんですわ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合