サンタクロースのモデルになった歴史上の聖人って知ってる? キリスト教がやさしく学べる本の画像1
※画像:『キャラ絵で学ぶ! キリスト教図鑑』(すばる舎刊)

 12月に入り、今年もあと残りわずか。あっという間に季節は冬になりました。


 冬のイベントといえばまず思い浮かぶのが「クリスマス」でしょう。街中を歩いているとクリスマスツリーが飾られているのを見かけますし、スーパーマーケットなどではクリスマスに向けた食材やお菓子が売られていたりと、クリスマスムード一色です。


 そんなクリスマスですが、キリスト教由来のイベントであることは皆さん知っていることでしょう。では、キリスト教の何の日か知っていますか? イエス・キリストの誕生日、そう答えた人は、実は間違いなんです。


 『キャラ絵で学ぶ! キリスト教図鑑』(山折哲雄監修、いとうみつるイラスト、すばる舎刊)から「クリスマス」の本当の意味についてご紹介しましょう。

 

■クリスマスはイエス・キリストの何の日なの?


 前述の通り、クリスマスを「イエス・キリストの誕生日」と覚えている人は少なくないでしょう。


 実はクリスマスは、イエスの「誕生日」ではありません。12月25日は「降誕祭(こうたんさい)」といって、イエスの誕生をお祝いする日。聖書には、イエスの誕生日かどうかは書かれておらず、実はわからないのです。


 また、この「降誕祭」が12月25日と定められたのは4世紀のこと。もともとはヨーロッパの冬至祭の日だったといいます。冬至は、1年間で最も昼の時間が短い日で、この日を機に日の入りから日没までの時間が増えていきます。そのため、長く暗い季節が終わり、新しい世界の始まる日だと考えられていたそうです。

 

■サンタクロースのモデルになった「聖ニコラオス」とは?


 クリスマスにちなむトピックをもう一つご紹介しましょう。


 クリスマスに欠かせない人物がプレゼントを子どもたちに届けるサンタクロースですが、彼のモデルになった人物がいるんです。それが「聖ニコラオス」です。


 聖ニコラオスは3世紀から4世紀にかけての人物で、トルコのミラという町にいました。
 彼には伝説が残されていて、生活が苦しく身売りされそうになった3人姉妹の家の煙突から、金貨が入った3つの袋を投げ入れ、それが暖炉に干していた靴下の中に入ったそう。まさにサンタクロースからのプレゼントを彷彿とさせるエピソードですよね!


 当時、ローマ帝国の支配下にあったミラの町では、キリスト教徒への激しい弾圧がありました。そんな中でも、聖ニコラオスは苦しむ人たちを助けたそうです。サンタクロースの語源は、聖ニコラウスをオランダ語にした「シンタクラース」。それがアメリカに伝わり「サンタクロース」となったのです。

 

■バレンタインデーのきっかけになった優しき司祭


 クリスマス以外にも冬のイベントは目白押し。その中でも、キリスト教と縁深いのが、2月14日の「バレンタインデー」です。このバレンタインのきっかけになったのが「聖ウァレンティヌス」という司祭でした。


 3世紀のローマ帝国、キリスト教の伝道がまだ禁じられていた時代、ウァレンティヌスは熱心に伝道し、貧しい人や病気の人を助けていました。


 当時、ローマ皇帝は兵士の結婚を禁じており、多くの若者たちが恋人と結婚できずにいました。そんな彼らをかわいそうに思ったウァレンティヌスは、何組もの若者たちを結婚させてあげたのです。しかし、それはローマ皇帝に伝わるところとなり、彼は2月14日に処刑されました。


 ローマの若者たちは、そんなウァレンティヌスへの感謝をわすれないために、2月14日を「愛をちかう恋人の日」としたそうです。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合