ツタヤ図書館&美術館、熊本県宇城市がドス黒すぎる!不透明な選考過程、異常に安すぎる家賃の画像1
不知火文化プラザ(「熊本県宇城市HP」より)

 熊本県宇城市は、市立図書館と美術館の指定管理者を承認する議案を、12月10日の市議会本会議で可決した。選定されたのは、レンタル大手TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)。

 図書館と美術館が併設された複合施設「不知火文化プラザ」を改修して、運営を民間に移管。カフェ等の民業店舗を設置してCCCに運営委託することで、来館者を現在の10倍超となる70万人に増やす計画だという。

 全国で6つの自治体で公共図書館を運営しているCCCだが、美術館の運営は初めて。「不知火文化プラザ」は、独特の建築デザインと敷地内に整備された遊歩道の美しい景観で知られており、宇城市のみならず熊本県民の貴重な財産。その運営を「CCCに丸投げするなんてとんでもない」という声が、早くも市民から上がっている。

 当サイトでは、2020年6月にオープンした和歌山市のツタヤ図書館に関して、“出来レース疑惑”等を繰り返し報じているように、CCC周辺では不祥事や黒い疑惑が後を絶たない。2019年2月には、同社の基幹事業TSUTAYA(2020年4月から蔦屋書店に社名変更)が景品表示法違反で1億1753万円の課徴金を課せられている。以来、同社のアピールする受託実績には、信憑性に大きな疑問符が付く。いったい宇城市は、CCCの何を高く評価して選定したのだろうか。

 宇城市がCCCを図書館と美術館の指定管理者に選定したとの情報を筆者がキャッチしたのは、11月29日のこと。市が発表したのは「下記のとおり候補者を選定しました」として、CCCの社名と所在地を明記した一文のみ。

 市のサイトをいくら探しても、他の自治体では当たり前のように掲載している選定までの経緯をはじめ、応募した事業者の選定時の審査内容、採点等についての情報はどこにも見当たらない。指定管理者の募集要項だけは残っていたものの、それすら数日後に消去された。市民が大切な図書館と美術館の運営者が、どのようにして決まったのかを知るすべはまったくないのだ。

 そこで、担当部署に問い合わせてみると、
(1)期日までに応募があったのは2社
(2)7人の審査委員(うち5人は市職員、2名は外部有識者)が採点
(3)12月議会の承認を経て正式決定となる
以上3点が判明。応募した残り1社はどこか、採点結果の詳細は、審査委員は誰かなどについても質問したが、それらには一切答えられないとのこと。過去にCCCを誘致した自治体でも、ここまで情報をシャットアウトした例はなく、宇城市はとんでもない“暗黒行政”に思える。

 宇城市指定管理者の募集要項などの資料を詳しく見てみたところ、いくつか不可解な点が見つかった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合