NEW

モスバーガー“買ってはいけない商品”5選!期待外れ、コスパ激悪、人気シリーズも不評の嵐

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
モスバーガー買ってはいけない商品5選!期待外れ、コスパ激悪、人気シリーズも不評の嵐の画像1
モスバーガーの店舗

 国内でマクドナルドに次ぐ人気ハンバーガーチェーン店となっているモスバーガー。1号店を出店した1972年は、まだまだハンバーガーという食べ物が国内で浸透していなかった時代だった。その後、国内のハンバーガー普及に貢献したモスバーガーは、徐々にビッグチェーン店へと成長を遂げていく。

 開業から45年以上経った今では、国内で1266店舗(2020年10月末時点)を誇っているが、今年度上半期(2020年4月~9月)の連結決算を見てみると、やはりコロナ禍で苦しい戦いを強いられていたようである。売上高約336億円(前年同期比1.6%減)を記録したものの、純損益を見ると7億円以上の赤字を計上してしまっているのだ。

 さて、そんなモスバーガー。基本的にはおいしくおすすめしたい商品が大多数なのだが、中には「買ってはいけない」ような商品も存在するのだ。そこで今回は「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が選出した「この冬、買ってはいけないモスバーガーのメニュー5選」を紹介していこう(価格は税別)。

とびきり和風ソース/380円

 はじめに紹介したいのは、「とびきりハンバーグサンド」シリーズから「とびきり和風ソース」。2008年に誕生した「とびきりハンバーグサンド」シリーズはモスファンから“期待を裏切らないおいしさ”などと信頼を寄せられている人気シリーズなのだが……。

モスバーガー買ってはいけない商品5選!期待外れ、コスパ激悪、人気シリーズも不評の嵐の画像2

 こちらの「とびきり和風ソース」の「買ってはいけない」理由は、国産丸大豆醤油にハーブやスパイスを加えたモスオリジナルの和風ソースが、どうにも期待外れだからである。SNSなどの口コミでは、“とびきり和風ソースと名乗るほどの味ではない”、“名前負けしている”などの声が上がっているのだ。

 実食してみたところ、おいしくないわけではないのだが、特徴があまりないという印象で、ソースの味に真新しさや革新性がないとも感じた。“とびきり和風ソース”を名に冠するほど、特に“とびきった”インパクトがないのである。具材がシンプルなぶん、もう少し舌に残るようなソースであることを期待してしまったファンが多かったのだろう。

モスライスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)/315円

 次に紹介するのが「モスライスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)」。「モスライスバーガー」シリーズは“主食である米を使って商品化する”というテーマから開発が始まり、1987年に誕生。焼きおにぎりから着想を得たライスプレートを用いた本シリーズは、今もモスの人気商品となっているのはご存じの通り。

モスバーガー買ってはいけない商品5選!期待外れ、コスパ激悪、人気シリーズも不評の嵐の画像3

 そんな人気シリーズに属する「モスライスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)」は、いか、海老、玉ねぎ、人参、枝豆などを入れた海鮮かきあげ(塩だれ)をライスプレートで挟んだ商品になるのだが、どうやら具材がSNSなどで不評を呼んでいるようだ。

 実際、試食してみたところ、海鮮かきあげがしんなりしている印象。もしかしたら調理の都合で揚げたてというわけにもいかないのかもしれないが、それにしても少々ガッカリさせられるクオリティであった。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合