NEW

親中派・二階俊博、日本政治の最高実力者に上り詰めるまでの歴史と必然的理由

文=新日本帝國/政治・社会ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

親中派・二階俊博、日本政治の最高実力者に上り詰めるまでの歴史と必然的理由の画像1
二階俊博氏公式サイトより

 1945年の日本社会党結党以来、党名を変えながらも75年の長きにわたり日本政界において中道左派路線を歩んできた社会民主党は2020年末、党勢衰退により党所属の国会議員や地方議員、党員、支持母体となる自治労などとの意見の相違から事実上の分裂が決まりました。国会議員では福島瑞穂党首以外は立憲民主党との合流準備を始めています。

 ちなみに、公選法が定める2つの政党要件のうち「国会議員五人以上」は満たせず、政党要件喪失になりますが、第25回参議院議員選挙にて比例区の得票率が2%を超えているために、25年の第27回参議院議員選挙までに5議席確保し、それまで所属国会議員が1名以上いれば政党として活動可能で政党助成金も受け取れます。

 今回の社民党の受け入れ先となった立憲民主党ですが、17年に民進党から立憲民主党、国民民主党、無所属の会に分裂し、20年9月に国民民主党の一部議員が合流し新・立憲民主党となったことは記憶に新しいです。

 その民進党は16年3月に民主党に維新の党と維新の党から分派した改革結集の会が合流し出来た党です。民主党は1998年4月に旧民主党・民政党・新党友愛・民主改革連合が合流して結成され、2003年に自由党が合流しました。

「55年体制」と自民党史

 一気に説明しても、ほとんどの方は頭が混乱して来ると思いますので一時中断しますが、この様な離合集散を繰り返してばかりで「野党はなんだか頼りない」という声も聞きます。では、現在与党である自由民主党の歴史を見てみましょう。

 自民党は1955年に保守合同のため、自由党と日本民主党が合同して結成されました。それ以来日本社会党と約40年に及ぶ保革対立の政治構造は「55年体制」と呼ばれています。

 終戦の1945年から結党の1955年までの10年間の離合集散も大変なもので、日本自由党から鳩山一郎などが公職追放され吉田茂が代表就任することで民主党が日本進歩党などと合同し結党、その後一部が日本自由党と合併した民主自由党と民主党へと分裂します。

 民自党と民主党は50年に自由党となり、この自由党は“吉田自由党”とも呼ばれます。ここから53年に鳩山一郎、河野一郎、三木武吉、石橋湛山などが出て作られたのが日本自由党で鳩山自由党と呼ばれます。54年には岸信介、鳩山一郎などが日本民主党を結党。この日本民主党と吉田自由党の合併が現在に続く自由民主党になります。この離合集散の理由は政策の違いと言うよりはむしろ、吉田茂に対する派閥抗争であったと言えます。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合