驚異のプジョーe-2008、ピュア電気自動車ながらガソリン車らしさも堪能できるレア物の画像1
今回試乗した、プジョーe-2008の上級グレードであるGT Line。ロー&ワイドのフォルムを採用しながらも、優れたパッケージングを兼ね備えている点が魅力だ。

 2020年東京オリンピックは延期されたが、クルマの電動化への動きはまったなしとなった。すでにご存じの通り、菅義偉首相が1月18日の施政方針演説において、「2035年までにすべての新車販売を電気自動車(EV)やハイブリッド車をはじめとした電動車へ転換する」と明言。さらに東京都は国よりも約5年前倒しして、2030年までに都内で販売される新車すべてを電動車に切り替えるという方針を示している。

 もちろんこれは、現在乗っているガソリン車が乗れなくなるということではない。あくまでも、新車販売されるクルマを電動車にすべしということであり、さらにここでいう電動車とは、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車(EV)、そして燃料電池車(FCV)などを指す。決して、BEVと呼ばれるピュア電気自動車だけということではないのである。

 しかし、そのBEVの胎動は2020年から始まっており、日産リーフやメルセデス・ベンツEQC、BMW i3、ジャガーI-PACE、テスラなどに加えて、新たに国産車では台数限定付きという条件ながら、レクサスUX300e、ホンダe。そして輸入車ではプジョーe-208、同じくプジョーe2008、シトロエンのサブブランド・DSオートモビルズのDS3 クロスバック e-TENSE、アウディe-tronスポーツバック、さらにポルシェタイカン……といったBEVが、黒船襲来のように日本市場に導入された。

 今回、そうした輸入車BEVのなかから、プジョーe-2008に試乗できたので、インプレションを紹介してみようと思う。

驚異のプジョーe-2008、ピュア電気自動車ながらガソリン車らしさも堪能できるレア物の画像2
全長4305mm×全幅1770mm×全高1550mmのコンパクトSUV。
驚異のプジョーe-2008、ピュア電気自動車ながらガソリン車らしさも堪能できるレア物の画像3
日本の都市部に多い立体駐車場に対応したボディサイズだ。
RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合